えみこ日記

近大マグロを食す!

2018.10.29 Monday

0
    5年連続志願者数日本一の近畿大学。先日、JIAMのトップマネージメントセミナーで、近大の総務部長の世耕石弘氏から、その秘密を伺った。

    世耕氏は「偏差値で言うと、関西では国立なら第一位は京都大学、次に大阪大学、その次に神戸大学が並ぶ。この順序はずっと変わらない。大阪大学がどんなに頑張っても京大には勝てないし、神戸大学がどんなに頑張っても大阪大学には勝てない」と言う。

    私は関西の大学事情に疎いので、良くわからないが、関東なら国立ならば東大、一橋大、千葉大か首都大学?でも学部によっては異なるだろうし・・・と、思いながら興味深く話を伺った。

    私大では「関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)」が上位に並ぶ。近大はその下、「産近甲龍(京都産業大、近大、甲南大、龍谷大)」としてくくられ、関関同立を追う立場に固定されているそうです。

    長年染みついたこのイメージを覆すのは、容易なことではないが、しかし、世耕氏が(世耕氏自身、受験経験がないため、偏差値など無関係で過ごしてきたとか)「産近甲龍の下にはまだまだ多くの大学がある」と、パワ-ポイントで示した時には、会場から笑いが出た。

    そんな状況ですが、近大はめげずに「あえてイメージを変えていくためにチャレンジしていく」と決めたそうです。

    世界で初めて完全養殖に成功した”近大マグロ”を使ったあの刺激的なポスター(富士山からマグロの頭が飛び出ているもの)を作成したのもその一環で、近大マグロの知名度向上などで「近大ブランド」が全国に浸透し、志願者数が増加したということかもしれない。ちなみに、あの富士山のポスターを提案した時には、学内から反発が多かったそうですが、世耕氏の説得に最終的に折れたとか・・・

    世耕氏は、「どんなものも100%好意的に受け止める人ばかりではなく、嫌悪感を示す人もいる。しかし、それを恐れていては何もできない」とも。

    更に、近大が広報用に作成したユーチューブ画像を示し、2017年4月にオープンした東大阪キャンパスのアカデミックシアターや、24時間利用できる自習室やマンガ約2万2000冊を所蔵する図書スペース等を紹介された。

    大学案内の冊子なども、今までの常識を覆す斬新なつくりで、まるでファッション雑誌のよう。古い時代の私の感覚では、『これが大学案内?』と、受け入れ難いものですが、若い感性を持った学生からは支持を得ているようです。

    また、一昨年に国際学部を開設し、海外志向の学生を取り込んだり、就職支援も充実している(昨年度の就職率は何と、97.6%)ということで人気が高まっているようです。

    近大が完全養殖に成功した”近大マグロ”を食べさせるお店が銀座にオープンしたというニュースを見たのはいつのことだったか忘れましたが、昨夜、縁あってそのお店で”近大マグロ”を食してきました。

    近大ではマグロだけでなく、多くの魚を養殖しており、お店で使われている魚は、すべて近大の卒業証書付の魚でした。また、この店で使っている他の食材も、すべて近大水産研究所がある和歌山県産のものばかりで、地域経済の活性化の役割も担っていました。

    IMG_1413 (3).jpg

    IMG_1418 (3).jpg

    IMG_1421 (3).JPG
     お造りに付いていた卒業証書は持ち帰り可となっており、記念に持ち帰る人も多いようです。

    超人気で、なかなか予約をしないと入れないそうですが、大学の授業のように2時間制ときっかり時間も決まっていて、雰囲気もよく、また行きたいお店の一つとなりました。

    すごい反響!すでに第一目標額達成!

    2018.10.27 Saturday

    0
      今月24日に始まった「東京医科大学入学試験での性差別的な得点操作による被害者の救済と再発防止を目指して結成された弁護団の活動費用を募るクラウドファンディング」が、当初の目的の金額をわずか数日で達成し、新たな目標金額を設定しています。

      すごい!それだけ反響が高いということだと思います。第二の目標金額は5,000,000円。今朝の段階で、既に3,990,000円を超えており,期間もまだ62日も残っているので、おそらく達成は時間の問題だと思います。

      2018年8月、東京医科大学入試を巡る文科省官僚の汚職事件をきっかけに、一般入試における二次試験において「女性」であることを理由に一律20点の減点を行う性差別的な得点操作が行われていたことが明らかとなりました。

      その後、他大学の医学部でも同様な差別が行われていたことが報道されています。

      最初、この東京医大のニュースを目にした時は、絶句すると同時に、怒りがこみ上げてきました。数日後、SNSで東京医大の前で抗議行動が行われるということを知りましたが、あいにく用事があり、参加できなかったので、何か支援ができないものか…と考えていました。

      なので、このクラウドファンディングが立ちあがったことを知り、私もわずかですが寄付させていただきました。

      ちなみに、後で知ったことですが、私の娘は、この抗議行動に参加したそうです。

      さすが、わが娘とほめてやりたい!

      構成された弁護団のメンバーは普段、別々の法律事務所に所属し、弁護士としての活動をしているそうですが、共通点は、日頃から性別、宗教、国籍、社会的地位、経済状況、障害などなんらかの理由による「差別」を解消するための活動にそれぞれが取り組んでいる方々とのことで、女性が多いことも頼もしく思っています。

      憲法には男女平等が謳われているにもかかわらず、性差によってこんな差別があることは断じて許せないし、あってはならないことです。

      今後、裁判の行方を見守り、性差別のない世の中にしていきたいと思っています。

      関心のある方は、このクラウドファンディングプロジェクトにご参加ください。寄付をすれば、定期的にニュースが送られてくるそうです。一口5,000円からできますので、寄付は強制するものではないけれど、あなたも一口いかがでしょうか。

      今日は臨時議会

      2018.10.26 Friday

      0
        9時半から議運、その後10時から本会議です。

        今日は、小中学校校舎空調機器使用料の債務負担行為を設定するための補正予算と、工事請負契約の2議案が提案される予定です。すでに会派毎に説明も受けており、これらの議案については反対する会派はないと思うので、早めに終わると思います。

        本会議終了後は、再び議運。議会基本条例についての会議なので、気が抜けません。私は、少しでも良い条例を市民の皆さまに提示したいと思いながら、議論に参加しています。

        来月の9日には、やまと大学準教授の田中富雄氏を迎えて、議会基本条例の勉強会も設定されています。しっかり学び、条例づくりに活かしたいと思っています。

        話は変わりますが、先日、埼玉新聞の「さきたま抄」に、県内の教員研修「新聞活用」で、受講していた小中学校の先生60人中、新聞を自宅でとっている先生は15人だったというショッキングな話が掲載されていました。この数字は一般の児童生徒の購読率よりも低いそうです。
        八潮の先生たちの新聞購読率???と、思いを馳せてしまった。


        そして、今朝の埼玉新聞一面には、県内63市町の一人当たりの年間図書貸し出し冊数が掲載されていたが、八潮市は40位。県内平均が5.24冊に対して、八潮市は4.28冊。これは平均以下でした。

        八潮市内の公立小中学校への学校司書の配置を求めてきましたが、今年ようやく1名配置はしたものの、常駐ではなく3校を巡回するやり方。これでは学校司書の効果は分かりにくい。

        活字を読む習慣は、子どもの頃の教育環境も大きな要因となります。活字離れと言われていますが、17年連続1位の三芳町では、11.86冊で、八潮の約2.8倍です。この差はどこから来るのでしょうか?