えみこ日記

明日は太田市長選挙、小平市長選挙の投開票日

2017.04.08 Saturday

0
    明日は太田市長選挙、小平市長選挙の投開票日です。

    全国を探せば、まだ同じ日の首長選挙はあるかもしれませんが、太田市、小平市に注目しているのは、ともに女性が立候補しているからです。

    全国の女性市長は現在18名いますが、このお二人が当選すれば20名になりますが、全国791市からすれば、まだまだ少数派です。

    無論、私は女性だから誰でも良いとは思いません。しかし、この2人の場合は、当選して市長になったら、どんな風に市を創っていくのだろうか、と、住民ではない私でさえ、ワクワクしてきます。

    明日のお天気は、太田市は朝9時台に傘マークがありますが、あとは曇り、小平の方は終日曇りとなっています。太田市、小平市の市民の皆様、明日の投票日には、必ず選挙に行きましょう!

    両市の女性市長誕生を心から祈っています。


    話は変わりますが、今朝の読売新聞埼玉版に、県選管の政治への関心度調査の結果が掲載されていました。

    それによれば、埼玉県民の7割前後は政治に関心を持っているが、選挙の結果「民意が反映されていないと悲観している人が半数近くいる」とのことでした。

    投票に行っても良くならないという無力感が、埼玉県の低投票率につながっているとのこと。

    また、関心の高い選挙は衆議院選挙(53.3%)、参議院選挙(2.9%)、知事選(4.1%)、県議選(1.2%)

    これは県選管調査なので、市長選、市議選への関心度は未調査ですが、一度、市選管も調査して欲しいと思います。

    しかし、選挙の結果で大きく変わります。これは自信を持っていえます。

    だから諦めないで、投票に行きましょう!

    大岡信先生の訃報に・・・

    2017.04.06 Thursday

    0
      今朝の朝刊に大岡信先生の訃報が掲載されていました。誤嚥性肺炎のため、三島市内の病院で死去されたとあった。享年86歳。近親者による葬儀の後、後日、お別れの会を開くということです。

      訃報に触れ、もう50年以上の前のことが蘇ってきました。

      大岡先生との初めての出会いは、私が大学1年生の時、明大の法学部の国語の時間でした。後で伺った話では、その年から明大の先生になられ、担当したのが国語だったそうです。私たちが大岡先生の教え子一期生ということになります。

      授業が始まり学生が席について待っているにもかかわらず、一向に先生が来ない。

      当時は開始時間から30分経過して先生が来ない場合は、自然休講という暗黙の了承があり、この日もすでに30分経過しているので「休講だ」といって、既に何人か帰ってしまった。

      私も当然休講だと思い、次の講義まで時間があるので、そのまま教室に残っていた女友達と数人でおしゃべりをしている時、突然、入り口のドアが開き、慌てて駆け込んできたのが大岡先生でした。

      何でも「時間を間違えた」とか、遅刻した言い訳を述べ、大汗をかきながら詫びていた。そんな訳で、大岡先生に対する私の第一印象はすこぶる悪かった。

      大岡先生のことをよく知っている男子学生が「この先生はすごく有名な方で・・・」と言っていたが、当時の私は大岡先生のことは全く無知だったので、「いくら有名でも初めての授業に遅れてくるような方は・・・」と、これから1年間、この先生に付き合わされるのかと思うと、暗澹たる思いでした。

      今はどうかわからないが、当時の明大は、宿泊を伴う学生と教師の交流の場をいくつも開いていました。4泊5日位(?)の長期の明大キャンプや学校の保養所(寮)のような場所を利用する一泊研修は、参加費500円位と安いし、他の学部の学生とも交流できるので、私は積極的に参加していました。友人仲間では、学校の行事については私に聞けばわかるという評判が立ったくらいでした。

      確か、一泊での研修の場で、たまたま大岡先生を囲み、飲みながら夜通し議論したことがありました。その場で、私は先生に対する第一印象がとても悪かったことをお話しした記憶があります。

      その時、先生はきちんと覚えていて、「あれは一生の不覚」と正直に応えてくれたことで、「この方は誠実な方なんだ」と思うようになり、先生に対する印象が随分変わりました。

      この時に先生と親しくなった学生たちは、後日、先生のお宅に遊びに行ったのですが、私は何かの都合で行かれませんでした。今、思うととても残念に思います。

      その後、私が大学で教えるようになってから、時々、校舎内でお会いする度に「元気にしてますか?」と声をかけていただきました。

      先生のご活躍の様子は、様々な場所で聞いていましたが、特に朝日新聞の連載「折々のうた」でのご活躍は、みなさまご存知の通りです。

      随分前に脳梗塞で倒れ療養中と、風の便りで伺いましたが、私も子育て、仕事で手一杯でそのままになってしまいました。

      大岡先生、長い間お疲れ様でした。心からご冥福をお祈りいたします。

      朗報!館林市議会に女性議員誕生です

      2017.04.02 Sunday

      0
        開票結果出ました!女性議員誕生です!

        館林市議会議員補欠選挙開票速報【午後10時30分確定】

        投票率47.96%(女性49.39%、男性46.51%)

        バラしぶや りつ子 17,142

         川村 ゆきひと 8,796

         森野 茂男 1,415

         実は、確定投票率をネットで見た時に、女性の投票率の方が高かったので、もしかしたら…当選するのではと予感しました。その予感が当たり、見事に渋谷さんが当選されました。

         本当におめでとうございます。

         これで安心して床につくことができます。