えみこ日記

まったくもうですが・・・

2020.02.21 Friday

0
    今日は人間ドッグの受診日です。本来ならずっと前に終わっているはずなのに、病院の手違いで、本日となってしまいました。1週間後には議会が始まるので気ぜわしいし、新型ウイルスによる肺炎拡大の中もあり、「まったくもう・・・」と不満を漏らしたいところですが、やはり健康に関することは後回しにして後悔するのも嫌なので受診を決めました。


    昨日、種苗法の改正に反対の勉強会が衆議院第一議員会館であったので、参加してきました。全国からこの改正案に不安を感じる方々が大勢参加していました。また、何人もの知り合いに声をかけられました。JAの方々や子どもの食に不安を感じる保護者たちも沢山参加していました。

    ところで、昨日、3月議会に上程予定の議案を見ていたら、私が議会で2度ほど一般質問を行った「新生児の聴覚検査への助成」が、来年度から始まることが分かりました。当面は低所得者が対象ですが、再来年度から埼玉県がすべての新生児聴覚検査に助成する予定と伺ったので、いずれ全員対象になるのではないかと思います。

    新生児聴覚検査で異常があった場合は、早めに治療すれば健常者の95%まで聴力が回復するため、家の経済事情で検査ができないお子さんがあってはなりません。経済格差のいかんにかかわらずすべての子どもの検査が行われるように助成すべきなのです。いずれにしても本当に良かった!

    提案したことがひとつひとつ実現できた時、議員をやっていて本当に良かったと思いますし、これからも頑張ろうと思います。



    「不要不急の外出控えて…」というけれど

    2020.02.18 Tuesday

    0
      政府は新型ウイルス肺炎対策として「不要不急の外出控えて…」というけれど、毎日が日曜日の人は、年金生活者の一部の方でしょう。たいていの人は働かなくては暮らしていけないから、否が応でも外出しなければなりません。

      私も一応年齢的には高齢者の部類に入るから、高齢者が罹ると重篤になりやすいと聞けば、外出を控えたくなります。しかし、今日はどうしても外出しなければなりません。

      10時から情報公開・個人情報保護審査会で口頭陳述をするからです。今回を含めて3度目の口頭陳述です。八潮市情報公開・個人情報保護審査会は5名の委員が委嘱されています。越谷市や草加市、吉川市のHPにはこれらの委員の名前が掲載されているので、市民はどんな方が委員なのか一目でわかります。

      しかし、八潮市では掲載されていないので、どなたが委員なのか担当課に聞かなければなりません。ところが某市民が聞いたところ教えなかった(ただ弁護士や税理士など…というだけだったそうです。)と聞きました。

      先週の金曜日、ついでがあったので担当課に伺ったところ、5名の名前だけをプリントした紙をいただきました。この5名の方はどんな方なのか改めて聞くと、3名が弁護士、1名市民、もう1名は元学校長でした。男女比は男性2名女性3名と均衡はとれていたものの、数年前までは大学の情報公開などに詳しい学者がいましたが、今はいませんでした。

      しかし、委員の報酬は税金が当てられ、場合によっては、行政の意思を左右することになる立場の組織だから、すべての市民に公開は当たり前です。市民が聞いたら教えず、議員ならOKというのはおかしいと思います。何か秘密にしなければならないことではないので、他市同様市HPで紹介すべきです。

      情報公開先進地の逗子市や藤沢市では、委員の選任は議会の同意事項と条例に規定されています。また、他市では情報公開・個人情報保護審査会条例を規定しているところがありますが、八潮市はいくら探してもそのような条例はありませんでした。

      情報公開制度は民主主義の基本です。しかし、そのまちの情報公開制度の質を高めていくには、市民がこの制度を使いこなして不備な点を修正していかなければなりません。

      そんなわけで、今日は出かけなければならないのです。

      明日からJIAM研修

      2020.02.11 Tuesday

      0
        明日から2泊3日で大津のJIAMの研修に参加します。今回の研修内容は「交通不便地域の 住民サービスを考える」がテーマです。これは主に職員対象の研修で、議員も空きがあれば参加可と言うものです。

        細長い地形の八潮市は、開発が進んだ駅周辺は、バス網も整備され以前よりは便利になりましたが、北部や南部の一部区域では、バス網も未整備で、高齢化時代に対応できておらず、高齢者等は通院や買い物等で不便な生活を強いられています。
        高齢者の免許返納も増えている中、公共交通等による住民の足の確保や、住民サービスをどのように提供していくかは八潮市にとっても喫緊の課題です。

        そんな中、八潮市では、昨年度から地域公共交通協議会を設置し、市民や、国・県、交通事業者や学識経験者などが委員となり、地域公共交通網形成計画の策定を進めることにしています。計画を策定する上で、国からは「高齢者の移動手段の確保」もテーマとして、「社会全体で高齢者の生活を支える体制の整備」も求められており、今後、2年かけて地域公共交通協議会において検討することになっています。

        今回の研修では、交通不便地域の住民の命と暮らしを守るためにどのような取組を進めていくべきか、多くの先進事例等を学びながら考えることになっています。

        私自身、昨年免許を更新していますが、そうかと言っていつまで車を運転できるかわかりません。なので、この問題は「自分事」として関心を持っています。

        しっかり学び、議会質問を通じて提案していきたいと思っています。

        13日には、3月議会の議案説明会が行われる予定ですが、あらかたの議案については事前に会派毎の説明会で伺っているので、こちらの研修を優先させることにしました。

        昨日は、午前中脳ドッグを行ってきました。本来は2月4日に人間ドッグと一緒に脳ドッグを受けることにして昨年中に予約をしていましたが、病院の手違いで同じ日に受けることが出来ないから変更して欲しいと連絡がありました。

        病院のスケジュールと私の日程を調整しましたが、どうやっても同じ日に同時に両検査を行うことが出来ない為、仕方なく別々に行うことにしたわけです。

        脳ドッグの検査前に、技師から「大きな音がしますが、大丈夫ですので安心してください」と注意を受けましたが、ヘッドホンから流れる音楽のお陰か・・・すっかり熟睡してしまい、「終わりました」と起こされるまで気が付かないという状況でした。

        家に帰ってから、19日に行われる予定の情報公開・個人情報保護審査会での口頭陳述に備え、あらかたの原稿を作成しました。これは、昨年個人情報保護条例に基づき「永年保存」の文書を請求したところ、「不存在」とされた件です。私は、これに対して異議申し立てを行い、弁明書、反論書、再弁明書、再反論書を当局との間で繰り返し、今回の口頭陳述を迎えることになったものです。

        研修から戻ったら口頭陳述の原稿に推敲を重ね、内容を精査し、完成させようと思っています。

        ところで、「えみこ通信第79号」は、みなさまのお手元にポスティングされたでしょうか。そろそろポスティングも完了する頃ですが、まだの方はご連絡をいただければと思います。