えみこ日記

感動で心が震えた!

2017.05.08 Monday

0
    昨日、ようやく国立公文書館の「平成29年春の特別展 誕生日本国憲法」を見ることができた。最終日とあって、かなり混んでいた。

    展示資料の解説の音声ガイドは出払っていたが、少し待って借りることができた。カタログは完売でしたが、増刷して後日送って下さるとのことなので、1冊申し込んできた。




     今回の特別展で、昭和天皇のご署名原本を初めてみて、とても感動しました。ちなみにこの原本は今回を含めて6回公開されているそうです。今年は憲法施行70周年なので、おそらく10年に一度の公開ということなのかも。


    3FullSizeRender (43)憲法.jpg

     
     ↓昭和20年12月17日、衆議院議員選挙法が改正され、戦後、初めて女性の参政権が認められ、満20歳以上のすべての成人に認められることになった議案。これは感動ものです。



     会場では憲法公布を記念した当時の行事風景や国民の嬉しそうは様子を伝える映画ニュースなども放映されていました。
     もう少し長い会期であれば、もう一度見に行きたいと思いました。
      

    今日は国立公文書館へ

    2017.05.07 Sunday

    0
      今日は、北の丸公園の中にある国立公文書館で本日まで開催している「平成29年春の特別展 誕生 日本国憲法」に行ってこようと思っています。

      現憲法は、本年、施行から70年をむかえましたが、今年の春の特別展では、日本国憲法原本のほか、制定過程に作成された関係資料が展示されているそうです。更に、憲法の「産婆役」として知られ、憲法担当の国務大臣として帝国議会における答弁にあたった金森徳次郎が果たした役割にも注目し、国内外の力関係が複雑に絡み合う中で生み出された新憲法誕生までのあゆみもたどっているそうです。

      昨夜21時からNHK総合でも憲法を取り上げていたが、若者の間で憲法改正の声が増えているというのはゆゆしき問題です。

      現実の生活が憲法にあわないから憲法を変えるのではなく、憲法の理想に現実を変えるようにすべきなのです。

      連休も今日までなので、内容の濃い充実した一日(何時も充実していますが更に充実した日)にしたいと思っています。

      しっかりと退職金+6ヶ月分の給与を手にして去っていったそうです

      2017.05.04 Thursday

      0
        通勤時の列車内で女子高校生のスカートの中を盗撮し、千葉県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された職員が懲戒免職処分されたのに、この処分について、被処分者が、処分の取消し又は処分の軽減を求め、市公平委員会に審査請求を行い、公平委員会が原処分を修正する裁決を出した件、その後、被処分者は処分の修正が出された後、退職を申し出たそうです。

        結果、審議にかかった期間1年間から停職6ヶ月を引いた残りの6ヶ月分の給与と退職金を手にする前例を作って去っていったそうです。

        知らせてくれた船橋市の方は、「こんなことのために公平委員に毎月55,000円、委員長には66,000円も税金を支払い続けてきたのかと思うと、やはり悔しいです」と述べていました。

        被処分者は事件当時50代前半なので、普通に考えたら勤続30年は固いので、かなりの退職金を手にしたものと思われます。

        悪しき前例が他の自治体へ広がらないように祈りたい!!