えみこ日記

今浦島

2018.07.04 Wednesday

0
    ちょっと前に、一部報道機関が、今年の夏は「30年に1度の異常気象」といわれた2010年の猛暑を超える可能性が高いと報じましたが、本当に暑い日が続いています。

    昨夜のニュースでは、熱中症にかかる人も多く、昨年同時期の8倍というから、いかに異常な暑さであるか分かりますね。これは、ラニーニャ現象が発生し、影響をうけた太平洋高気圧が例年よりも北側に張り出し日本全国を覆うことが原因だそうですが、難しいことはさておき、お互いに熱中症にかからないように気を付けましょう。

    暑いと夕食の支度もさぼってしまいたい気分になります。その上、夏風邪をひいたのか、熱はないのだけれど、咳が止まらず何となくだるい。

    そんな訳で、昨夜は、金町のアスターのお惣菜を買って済ませようと思い、金町の東急ストアに出かけました。

    TXができるまでは、金町が最寄駅だったため、帰りによく東急ストアを利用していました。TX開通後も、何度か行っていますが、店内があまりにも変わってしまい、中に入っていた店もいくつか無くなっている為、店員さんに「いつから無くなったのでしょうか?」と聞くと、2年前くらいだという。

    ということは、2年ぶりに来たわけ・・・。

    2階のレストランアスターはまだあったので、とりあえずお持ち帰り用に春巻きを6本注文し、できるまで下のスーパーで買い物をして時間をつぶしました。

    東急ストアへ行く途中も、ずいぶん変わっていました。あったはずのお店が無くなって、代わりにコンビニというケースが目立っています。八潮市内もそうですが、コンビニがかなり増えており、これでお互いに商売になるのか…と、他人のことながら心配してしまいます。

    たった2年でも、前のお店が何屋さんだったか、全く覚えていないのだから、10年もたったら何が何だかわからなくなるかもしれませんね。

    今浦島の気分でした!!

    マスコミの力は大きい!他の地方紙でもどんどん報道して下さい

    2018.07.02 Monday

    0
      IMG_9306.jpg

      今朝の埼玉新聞23面、上の記事を読んだ方から、励ましのメールや電話をいただきました。一地方紙なのに、反響が大きいことにビックリしました。

      中には、もう何年も前に退職された職員の方からも「今朝新聞を広げたら、矢澤さんの顔写真と大きく名前が掲載された記事が目に入ってきて、頑張っているんだと感心しました」と、電話をいただきました。

      インタビューは若い女性記者さんからでしたが、概ね、私が語ったことがすべて網羅され、よくまとめられていました。

      この候補者均等法については、「首都圏では大きく報道されたこともあり、かなり浸透してきていると思いますが、地方によってはあまり報道されていないから、個人通信の中で取り上げて広めていきたい」と、北海道の町議会議員からメールもいただいています。

      先日、某新聞の長野版の記事を送ってくださった方がいましたが、その記事には「長野県議会の自民党は全員男性ですが、その自民党の萩原清幹事長は、女性議員が誰もいないことを恥ずかしいと思うどころか、この候補者均等法について、次のように語ったそうです。

      「国で法律を決めて勝手にやっている話で、我々が望んでいることではない」「(女性に)積極的に出てもらいたいということはないし、特段の働きかけはしない。とにかく地方はそんなに簡単にはいかない」

       更に、長野県議会の国民民主党も女性議員はゼロで、下沢順一郎幹事長は「やる気があっても気持だけではむずかしい」ときわめて消極的とのこと。

      その長野県の地方議会では、11の町村議会が女性議員ゼロです。ちなみに埼玉県内では、女性ゼロ議会は羽生市議会のみとなりました。羽生市の市民の方、次は女性候補をだしましょう!

      7月7日、8日と松本市でフェミ議連のサマーセミナー開催を機に、前日の6日にゼロ議会の一つである長野県川上村を訪問し、地元の女性たちと一緒に語ることになりました。

      以前、日経グローカルセミナーで、川上村の藤原 忠彦村長のお話を伺ったことがありますが、この村長さんは現在8期目、昭和13年11月22日生まれですから、現在79歳で、長野県町村会長、昨年までは全国町村会長を務めており、現在も全国町村会顧問という超有名な方です。

      高原野菜(主にレタス)栽培で有名で、東京23区の3分の1ほどの面積に、4,872人が暮らしていますが、その7割から8割は農業従事者で、平均年商2500万円といわれ、「日本一裕福な村」と言われています。出生率も高く、1.83と、全国平均の1.34どころか、県別トップ沖縄県の1.75すら上回っている村。

      議会の定数は12。この規模の人口では多い方です。なのに、女性議員ゼロ。恐らく女性立候補も今までゼロではないかと思います。その理由はなぜか・・・帰ってきたら報告します。

      視察が続きます

      2018.06.28 Thursday

      0
        昨日は、八潮中学校の学校図書館を視察しました。

        IMG_9187.jpg

        IMG_9188.JPG

        前々から、学校司書の配置を求めていましたが、今年から3校(八潮中・潮止小・松の木小)掛け持ち、1校当たり週1で5時間勤務で、一人の学校司書が配置されました。

        私は、週1でしかも1日たった5時間でなく、できれば週5日、最低でも週3日位の勤務体制を望んでいますが、とりあえず試験的に導入したことは、まず評価しています。

        そこで、八潮中の学校図書館に司書を訪ねてみました。同行者は大泉議員、福野議員、川井議員。

        IMG_9190.JPG

        IMG_9194.JPG

        IMG_9193.JPG

        IMG_9200.jpg


        4年前、2日かけてすべての小中学校の学校図書館を視察していますが、その時の八潮中の学校図書館は、まるで倉庫のようで、ただ本が雑然と並べてあるだけのものでした。

        ところが、司書が配置されてからわずか3ヶ月足らずにもかかわらず、さすが専門家(司書の資格保持者)、本がきちんと整理されており、廊下にも特に生徒が興味を持ちそうな本を並べるなど、ディスプレイも工夫されており、様変わりしていました。たった一日、しかも5時間の中で、ここまでやって下さり、感謝、感謝です。ヤッパリ司書必要です。

        そのせいでしょうか、生徒が図書館に来る機会がかなり増えていると聞きました。今、本離れが深刻です。いかに本に親しむ機会を意図的につくりだすか・・・それには、やはり、たった一日だけでなく、毎日、図書館にいれば、もっと、もっと増えるだろうと思いました。

        来年は、司書配置予算を増やして欲しいし、学校図書の充実を図るために予算も増やして欲しい!「本を沢山読む子は、一般的に学力も高い」と言われています。未来の八潮を担う子どもたちのために、ぜひ検討して欲しいです。

        それから、本が古すぎる。特に辞書等、40年も前のものがある。これも改善して欲しい!今後、潮止小、松の木小の学校図書館も視察しようと思っています。


        さて、今日は横須賀市へ、高齢社会に必要な「エンディングプラン・サポート事業」について、日帰りで視察してきます。帰ったら、また報告いたしますね。