えみこ日記

確定申告を済ませてきました

2019.02.18 Monday

0
    古新田公民館で確定申告を済ませてきました。ネットでの申告が増えたのか、高齢化で働く方が少なくなったのか・・・
    確定申告会場は昨年に比べて申告する方が少なくなっているように感じました。

    順番が来るまで、近所の顔見知りの方と雑談をしていたら、その方が「寡婦控除があるので、戻ってくる金額が増えるので助かります。でもこの控除について知らない方もいて、○○さんは知らなかったので教えてあげたんです。過去5年に遡って請求できるから、相当な金額になるのでは・・・」と私に話してくれました。

    確かに、日本は申請主義なので申告しなければ適用にはならない。私も未婚の母親の「みなし寡婦控除」などについて質問したりしているけど、本来の寡婦の方たちの中で、寡婦控除が知られておらず、せっかくの制度から抜け落ちてしまっていたことに認識を新たにしました。

    でも、税の申告の際、担当者から寡婦かどうか聞いていただければ、こんなことは防げるのではないか…と思いました。

    寡婦控除とは、女性の納税者が「寡婦」に当てはまる場合に受けられる控除です。
    「寡婦」とは、夫と離婚したり死別した女性のことを指します。

    寡婦控除として控除される金額は27万円(住民税は26万円)の所得控除を受けることができる制度です。
    「特定の寡婦」に当てはまる場合は35万円控除となります。

    該当する方は、申告の際申し出て適用を受けるようにしましょう。

    明日から「認知症予防とその対策」のJIAM研修に参加します

    2019.02.13 Wednesday

    0
      明日から2泊3日で、JIAMの「認知症予防とその対策」の研修に参加します。

      私の周りでも、つい最近までかくしゃくとされていた方が認知症になられたことを伺いました。高齢になれば認知症になるリスクは高まることは確実です。

      今回の研修案内には「2012年時点で全国で462万人と推計されていた認知症高齢者数が、2025年には約700万人、 65歳以上の高齢者の約5人に1人に達すると見込まれています。2015年には国で「認知症施策推 進総合戦略〜認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて〜(」新オレンジプラン)が策定され、 全国の自治体では様々な施策が展開されています。この研修では、具体的な先進地の取り組みや最新の知見、また全国各地の同じ業務を担当してい る受講者同士での意見交換を通じて、2025年に向けて自団体における認知症施策をどのように進 めていくか考えます。」とあり、ぜひ参加して学んでおきたいと申し込みをしたところ、運よく受講が可能になりました。

      この研修は、もともとは担当職員向けのもので、議員も参加可能なものですが、他の職員向け研修同様に実務的な内容なので、とても参考になります。しっかり学んで沢山の成果を持ち帰りたいと思っています。

      今日は、3月予算議会に提案予定の議案等についての説明会がありました。開会予定は2月28日なので、約2週間後に迫っています。そろそろ議会モードに頭を切り替えなければ・・・



      女性差別撤廃条約実現アクション キックオフ集会のお知らせ

      2019.02.13 Wednesday

      0
        女性の権利を国際基準に!
        日本のジェンダーギャップ指数は110位。恥ずかしいこの現状を変えていきたい。
        私たちは、そのカギは女性差別撤廃条約選択議定書の批准にある、と確信しています。
        特にその中の個人通報制度は、女性の権利を国際基準にし、ジェンダー平等社会を実現する重要なツールです。
        女性差別撤廃条約選択議定書の一日も早い批准をめざして、「女性差別撤廃条約実現アクション」をスタートさせましょう。

        日時:2019年3月5日(火) 11:30〜13:30(入館証渡し11:00〜)

        場所:衆議院第2議員会館B1 第一会議室

        プログラム
        参加団体の動画リレーメッセージ

        代表あいさつ:柚木康子さん(JNNC共同代表世話人)

        基調講演:山下泰子さん(国際女性の地位協会会長、文京大学名誉教授)

        国会議員からの発言

        意見交換

        今後の取組みの提案

        Facebook
        https://www.facebook.com/events/297611860953799/