えみこ日記

パープル色に染まった女性参政権行使71年目の記念日

2017.04.11 Tuesday

0
    昨日は、地元の小中学校(中川小・潮止中)の入学式に参列後、着替えて霞ヶ関の衆議院第二議員会館へ直行。

    4月10日は、戦後、初めて女性参政権を行使してから71年目の記念日。それを記念して、私もメンバーである「クオータ制を推進する会」主催の院内集会『推進法案成立へ』が12時〜14時の予定で開催された。家を出たのが12時半を過ぎていたので、会場に着いたのは13時半を回っていた。

    定員150人の会場は、座り切れない人が続出するほどの大盛況で、昨夜の報告で参加者は172名(関係者含む一般参加者125名+メディア20+議員本人14+秘書13)とのことでした。

    私が到着した時は、クオータ制を推進する会のメンバーが手分けして、推進法の早期成立の要望書を各政党に届けた後の記者会見の最中で、その後、出席された国会議員からの法案成立に向けた熱いリレートークが続きました。

    そして、14時過ぎに記念撮影。
    FullSizeRender (21)院内集会4月10日.jpg

    遅い昼食後に、「4.10女性参政権アクション・ネットワーク」主催のパリテ・マーチに参加するため、国会議事堂前南庭に、フェミ議連の仲間たちと向かいました。

    若い人たちが企画した集会だけあって、若い人たちの政治離れなんてどこ吹く風といった、とても新鮮なものでした。一緒に参加したメンバー達と記念写真。フェミギ連のメンバー達とも、手作りの女性議員ゼロ議会をゼロにするキャンペーンの横断幕を持っての記念写真も写しました。

    マーチDSC06528国会前.jpg

    2DSC06537マーチ国会前.jpg

    本当な横断幕を持ってマーチの予定でしたが、デモではないので歩行中はプラカードや横断幕を持っての行進はダメ、ただし立ち止まっての記念写真はOKとの、よくわからない警察官の注意。



    永田町の駅まで行進後、フェミ議連のメンバーと港区田町へ移動、19時からの港区立男女平等参画センター「リーブラ」で開催されたPARITÉ50/50(パリテ)主催の3部構成の「議会がパリテ(男女平等)になったら」に参加。

    野田聖子さん、山尾しおりさん、池内さおりさんたちから「若い人たちへ伝えたいこと」というミニ講演、Womens's March の時代がやってきたというテーマで、若者たちのトーク。そして最後は公明党副代表の高木美智代氏から推進法の中身と成立の予定についてお話をいただいた。

    朝から夜まで、盛りだくさんで、少し疲れましたが、「4月中には何とか『政治分野における男女共同参画推進法』を成立させたい」との高木副代表の力強い言葉に、疲れも吹っ飛ぶ思いでした。

    今度こそ、多くの女性の願いを叶えて欲しいです。

    結果が出ました!市長選は惨敗でしたが・・・

    2017.04.10 Monday

    0
      太田市長選挙投票率41.93%、小平市長選挙投票率34.64% 、共に50%以下で現職が当選でした。女性首長誕生は、残念ながら実現できませんでした。

      これからの4年間、市政のかじ取りを選ぶ選挙なのに、関心がないのでしょうか?

      特に太田市の場合は、26年間もの長期政権を市民が容認したことになります。

      イギリスの歴史家・思想家・政治家であるジョン・アクトンの「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」という有名な格言がありますが、私はどんなに有能な人であっても、絶大な権力が集中する首長は、せいぜい3期までが妥当な線だと思うので、とても残念に思います。

      そんな中、全国フェミニスト議員連盟の仲間が、女性ゼロ議会をなくそうと応援していた愛媛県愛南町議会に女性議員が誕生したとのニュースが、MLに流れてきました。

      金繁典子さんトップ当選とのことで、メールを送ってくれた松山市議会議員の武井さんの話では、愛媛県内の残り3つのゼロ議会でもそれぞれ女性が立候補するとのことです。武井さんは、「今年は、愛媛のゼロ議会がなくなる年になるかもしれません」と結んでいました。

      こういった流れを見ると、世の中は確実に変わっていると思います。

      明日は(と言ってもすでに今日)女性参政権行使71年目の記念日。

      また、市内小中学校の入学式です。私は入学式に参列後、間に合えば、クオータ制を推進する会主催のイベントに参加、その後、国会周辺をマーチ、夜はPARITÉ50/50(パリテ)主催の「世界がパリテ(男女均等)になったなら」に参加する予定で、終日忙しくなりそうです。

      それにしても入学式に桜が桜残っているのは、何年ぶりでしょうかねー

      終日雨ですが、「千ヶ崎悌六-与謝野晶子を支えた足立の歌人画家-」特別展を見てきます

      2017.04.09 Sunday

      0
        八潮は朝から雨、太田市は…小平市は…と気にかかり、ネットで検索してみたら、太田市も小平市も曇りとなっていました。

        雨でなくてよかったと、ホッとしましたが、ネットで両市の投票率を検索してみたら、太田市では11時現在9.23%、小平市は12時現在9.14%とあまり高くはない。しかも、両市とも女性の投票率が、男性よりも低いのにはビックリしています。

        家でやきもきしているのは、精神衛生に悪いので、知人から勧められた足立区の郷土博物館で開催中の文化遺産調査特別展「千ヶ崎悌六-与謝野晶子を支えた足立の歌人画家-」を見に行ってこようと思います。この特別展は、桜まつり期間中3月25日から4月9日は無料だそうで、今日が無料期間の最終日になっています。

        この千ヶ崎悌六氏は、潮止村村長田中四一郎の六男として生まれ、昭和3年東京帝国大学経済学部商業学科入学。

        昭和8年に与謝野寛(鉄幹)らの文学結社「新詩社」に参加、石井柏亭に洋画を学ぶ。

        昭和13年岩波書店編集部勤務し、昭和17年足立区花畑の千ヶ崎家に婿養子として入る。

        昭和23年足立区立第十三中学校の英語教師となった方で、八潮に縁のある文人です。

        お父様の田中四一郎氏も八潮が誇る偉人ですが、その息子さんもすごい人だったのです。

        なお、無料公開は本日までですが、特別展は5月21日(日)まで開催しています。

        八潮市民にとっても必見の特別展だと思います。