えみこ日記

東埼玉資源環境組合議会第3回定例会に議員として初めて出席しました

2017.10.12 Thursday

0
    6期目の当選後の初の臨時議会で、選挙の結果、東埼玉資源環境組合議会の議員となりました。

    東埼玉資源環境組合は、越谷、草加、三郷、八潮、吉川、松伏の5市1町が、ゴミの処理を共同して行うために設立した団体で、地方自治法284条2項にその根拠があります。特別地方公共団体として、議会の設置義務があります。

    この組合議会の議員構成は、越谷市と草加市からは6名、三郷市、八潮市、吉川市、松伏町からそれぞれ3名が、所属する自治体議会から選挙で選ばれています。

    今回の改選後、私は2人会派となりましたが、それでも少数派、なので選挙で選ばれることは通常あり得ないのですが、以下の新聞記事がきっかけで、2005年度から、申し合わせを廃止し、3名すべてを選挙で選ぶ方式に変わっています。私は、大事なゴミの問題なので、色々な会派から参加すべきと、2005年度から(必ず組合議会の報告をしてくれることを条件に)共産党議員に一票を投じてきました。

    今回、これまでの私の協力を評価していただき、選挙では共産党議員の3票+市民と市政をつなぐ会2票、合計5票で、初めて組合議会議員になることができました。

    埼玉新聞、2004年9月23日(木)の記事から

     二十一日閉会した八潮市議会で、慣例で議長のあて職だった一部事務組合「東埼玉資源環境組合議会」の議員が、議事のハプニングから急きょ投票となる珍しい事態となった。議長のあて職に疑問を持つ女性議員の「異議あり」の一声がきっかけだった。先例を重視する議会で、二十年以上続いてきた慣例が議員のたった一声で破られた。

     八潮市議会は、一九七九年の議会の申し合わせで、八潮市選出の組合議員三人のうち一人分は、議長のあて職とし、議長に就任すると自動的に組合議員となっていた。ほかの二人は投票で決める。

     九月定例議会最終日の二十一日は、一年務めた議長が慣例で辞職し、新議長に飯山恒男議員=自民クラブ=が選出され、組合議員になることが予定されていた。

     飯山議長は、予定通り組合議員をあて職にすることに異議があるかを本会議に諮った。議事スケジュールでは「異議なし」との議場の声で議長が「異議なし」と認め、組合議員に就任するはずだった。

     ところが、矢澤江美子議員=市民と市政をつなぐ会=が「異議あり」と一声。議会事務局によると、この場合、異議に対して賛成か反対かを議員に諮るのが順序。

     しかし、予想していなかった「異議申し立て」で、議事が混乱。この可否を飛ばし、飯山議長は、投票で組合議員を決めることを諮ってしまい、議員の多数が賛成したため投票となった。

     投票の結果、飯山議長が選ばれたが投票を実施したことでこれまでの慣例がストップ。議員選挙を経て開かれる来年の九月議会で、改めて対応を話し合う。

     矢澤議員は「ごみ処理を扱う組合の議員は、忙しい議長ではなく、意欲や関心のある議員が投票で選ばれるのが本来の姿。これを機会に議長のあて職にすることはやめるべきだ」と話している。


    ……………………………
     初めての組合議会は、10時開会。議席の指定とかのセレモニー的なことが行われ、管理者から3件の議案(実際は、追加議案として監査委員の同意が出たので計4件)が提案理由とともに上程され、各議案に対する質疑が行われ、私は8号議案「平成28年度東埼玉資源環境組合会計歳入歳出決算」について、3点質疑しました。

     八潮市議会では、一般質問、質疑とも事前に通告制となっていますが、組合議会では一般質問は招集の翌々日の正午までに通告する決まりですが、議案質疑については通告制でなく、その場で質疑できるようになっていました。

     ちなみに第6号議案、第7号議案については質疑なし。第8号議案についても私以外には質疑はなかった。一般質問の通告はありませんでした。

     10時に開会でしたが、閉会は11時55分。約2時間の議会(毎回、ほぼ同じ時間のようです)でしたが、この間も暫時休憩をとって、委員会が開催され、(主に正副委員長の役職決め等)が行われました。
     議会終了後、事務方が用意してくれたお弁当(その日の費用弁償1000円から事前に支出)を食べて帰ってきました。

     一部事務組合方式のゴミ処理については、スケールメリットによる効率化とコスト削減が図られるというメリットは認めますが、一方で、以下のような多くのデメリットも指摘されています。

    ・住民に見えにくく、住民が直接関与できないこと。
    ・所掌事務を含む規約の変更に自治体自らのイニシアティブが発揮できず、時代の変化に対応しにくい。
    ・人事の固定化・硬直化。
    ・広域にわたる計画の作成要件がなく、仮に作成しても実効性が担保されないこと。

     平成クラブ、公明党などは議長ポストが変われば、それに伴って組合議会の申し合わせで「八潮市議会議長は組合議会の議会選出監査委員になる」とあるため、組合議会議員を辞職することになります。今のところ、八潮市議会議長は1年交代もしくは2年となっており、それが継続されれば、来年の9月には新議長が選出されます。

     私は幸いにも間違っても議長にはならない為、4年間、じっくりこの組合議会議員として活動できます。大きな枠組がはめられていますが、今後、じっくり、組合式のゴミ処理についても取り組んでいきたいと思っています。

    本来は、すべての議員が必ず組合議会議員として交代で参加し、その議員たちが少なくとも最低4年間は、じっくりゴミ処理について取り組んでいけば、もっと効果的な運営ができると思うのですが、何しろ年に4回(4日、しかもほとんど2時間くらい)の議会、閉会中の決算委員会なども1日なので、せいぜい年に一週間程度。

    それで月額報酬が、議長 43,400円、副議長 38,700円 議員 37,600円で、期末手当(ボーナス)も年間4.3ヶ月分支給される為、他の自治体でも2年交代で議員が変わっている例が見受けられます。この高額な報酬を日当程度に減額すれば、本当に関心のある議員が、参加するようになるのでは・・・と思います。

    いよいよ衆院選、私たち女性の声を代弁してくれる女性議員を増やすために!

    2017.10.10 Tuesday

    0
      いよいよ衆議院選の公示日となりました。

      一昨日、「立憲民主党から、比例で出馬することになった。よろしくお願いします」という2人の女性の友人からメールが届きました。いずれも、ここ数年、女性議員を増やす活動を一緒にやってきた仲間です。

      彼女たちには、絶対に当選して欲しいし、当選後は、解散によって廃案になってしまった「政治分野における男女共同参画推進法」の成立に力を注いでほしいと思っています。

      女性の問題(非正規のこと、保育所や介護のこと、貧困、DV,性被害等など)を政治課題として議論してもらうには、やはり、そういった問題に関心を持っている女性議員を増やすことが先決です。もちろん、男性でも関心を持っている方は、良いのですが、私は、国会内の男女比のアンバランスを考えた時、まずは、女性議員を増やさなければと思っています。

      「でも…女性だって色々いるよね。女性がみんな良いとは限らない。」という声があります。その通りです。だから、本当に女性の力になる候補者を見分けることが大事なんです。

       10月7日に神田で開催されたパリテ・カフェ(私は新浦安の前川喜平さんの講演会と同じ時間だったので、参加できなかったのですが・・・)が、女性候補者の見分け方を公開していますので、シェアいたします。

      DLrhoF4VoAAbper.jpg

      パリテ・カフェって何?という疑問には、パリテ・カフェのHPに次のようにあります。


      日本の議会は圧倒的に多くの男性によって占められています。衆議院の女性比率は9.03%、参議院は20.7%で、世界平均の約23%下回っています。衆議院にいたっては、193カ国中164位(2017年7月現在)という民主主義国とは思えないひどい状況です。 女性が抱える課題はさまざまです。待機児童問題、重い家事負担、ダブルケア、低い賃金、セクハラやマタハラ、離婚やDV、性暴力、「女子力」の押し付けなどなど、いろいろな問題に直面しますし、言葉にならないモヤモヤを感じていたりもします。

      こうした「個人」が抱える問題は決して個人の責任で解決すべきことではなく、社会全体で「政治」の問題としてみんなで解決していくべき事柄です。政治によって解決するためには、わたしたち女性の声を受け止める女性議員がもっと増える必要があるのではないでしょうか。

      つながり、つたえることが、わたしたちの民主主義なのです。


      パリテ・カフェは、これからあちこちで開催される予定です。黙っているだけでは、何にも問題は解決しません。候補者の話を聴いたり、公約を読み比べて、候補者に質問したりして、女性の声を確実に届けてくれる方かどうか、しっかりと見極めて投票しましょう。

      ちなみに、私が所属している全国フェミニスト議員連盟では、各政党に3項目についてアンケートを実施し、昨日までに回答のあった政党については、公開しています。今後、回答があった政党についても順次アップしていきますので、こちらも参考にしていただければ幸いです。
      https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1314375808672083&id=750861658356837

      そして、選挙とは関係ありませんが、10月14日には、名張市勤労者福祉会館 研修室において、三重大学岩本美砂子教授を迎えて、「講演 女性が変える政治―男女共同参画がもたらすもの」を開催します。

      クオータ制を推進する会も後援していることもあり、クオータ制を推進する会からも報告方々、5名お手伝いに行く予定で、もちろん私も参加いたします。

      名張市近辺にお住まいの方、関心のある方はぜひ、ご参加ください。詳細は、以下の通りです。

      日時: 10月14日(土) 13:30〜15:30

      場所: 名張市勤労者福祉会館 研修室

      〒518-0441 名張市夏見2812番地  電話0595-63-5239

      講演 女性が変える政治―男女共同参画がもたらすもの

      講師 岩本美砂子 三重大学教授

      報告 『推進法』について―NWECワークショップ2017 から 「Qの会本部」

      主催:フェミニズム研究会in三重 (代表:岩本美砂子)

      共催:男女共同参画みえネット (代表:川口 節子)

      後援:Qの会「クオータ制を推進する会」(代表:赤松 良子)

      JIAM研修の受講許可が次々と到着

      2017.10.08 Sunday

      0
         選挙後、滋賀県のJIAM研修に申し込みをしておきましたが、申し込んでいた3つのすべての講座の受講許可通知が届きました。ここの研修は、安いうえ、内容も充実していることもあり、受講希望者が年々増加しています。なので、希望しても受講ができない方が続出する中で、すべて受講可とは…何という幸運でしょうか。

         以前、JIAMの職員に伺ったところでは、各講座ごとに抽選をしているとのことなので、特別扱いをされているわけではありません。宝くじは全く当たらない分、こちらの抽選にはついているようです。

        今回、申し込んだ講座は、

        29年10月23日(月)-10月24日(火)の「第1回トップマネジメントセミナー『最新情報技術の活用と可能性』」これは、市区町村長・副市区町村長及び部長級職員、議員が対象です。

        ∋堋村議会議員研修[2日間コース]29年11月6日(月)-11月7日(火)「議会改革を考える〜先進事例に学ぶ住民参加・情報公開〜」議員対象

        29年11月8日(水)-11月10日(金)自治体の財源確保策  職員、議員対象

        ,離肇奪廛泪諭璽献瓮鵐肇札潺福爾蓮⊇蕕了臆辰任箸討盒縮があります。

        △竜腸餡革は、議会改革のトップランナーともいうべき北海道の芽室町議会や岐阜県可児市議会等の取り組みなどの事例等、学べる良い機会です。なので、60名枠の募集に対して、非常に多くの応募者があったため、施設の受け入れ可能人数まで拡大し、138名の受講生を決定したそうです。

        は、数年前に同じ名前の講座を受講し、とても参考になっていますが、今回は一部内容も変わり、新しい財源確保策なども学べるようです。

        △旅嶌造終了した翌日からの講座が開講なので、7日は近隣のビジネスホテルに宿をとれば、交通費も節約できると、ネットで調べて予約をしました。

        秋は学びの季節、しっかり学んで議会質問に活かしていきたいと思っています。