えみこ日記

黄斑前膜症で23日手術をします

2017.05.16 Tuesday

0
     最近、右目の視力がずいぶん落ちてきたなーと感じていましたが、加齢のせいか、パソコンの使いすぎかもと思っていました。

     ところが 2月におこなった人間ドッグの結果、眼科で要検査となり、専門医の診断を受けたところ「黄斑前膜症」と診断されました。

     この病気は、眼球後部の網膜の手前に膜が張り、黄斑がそれに遮られてしまう病気で、歪んで見えたり、視力が低下するなどの症状がでます。硝子体収縮が関係しているので、高齢女性によく起きやすい病気とのことです。若いつもりでも確実に肉体は衰えているってことですね。

     ネットで検索したら、自然に治る可能性は5%程度とのこと。物が歪んでみえたり、視力が低下するなどの自覚症状がある場合は、手術を受けた方が症状が改善する可能性が高いとのことでした。そして手術すれば再発の可能性は限りなくゼロになるとのことでした。

     命に係わる重大な病気ではありませんが、術後の手当て等があるため、一応、入院します。

     普通なら手術翌日には見えるようになり、入院も3〜5日で済むそうですが、黄斑の上に癒着している薄い膜の癒着が強い場合は、網膜に穴が開くか、剥離の場合もあるとのことで、その場合は1週間から10日位、入院の必要があるとのことでした。しかも、その場合、レーザー凝固を行い、空気またはガスを入れるため、手術後はしばらくうつぶせ姿勢が必要とのことでした。

     6月1日から議会が始まりますが、今年は改選の年なので、6月議会後まもなく決算議会も始まりその後選挙となるので、医師と相談して5月23日に入院して手術をすることに決めました。

     手術後は、白内障などの手術同様、しばらく顔を洗えないそうで、拭くだけだそうです。

     通常なら5日位、万が一の場合でも10日位で回復するとのことなので、6月議会も休まずに出席できるのではないか…と思います。6月議会は議案も少ないので、今後の日程を考えると、今が一番いい時期だと判断しました。

     18日、19日は所属の総務文教常任委員会の視察があり留守になるため、作りかけの「えみこ通信NO72」を完成させることと、一般質問の準備のため、今日、明日は終日家にこもり作業に徹します。 

     娘たちは「内臓に深刻な疾患があるわけではなく、外科的な手術だから日を追って良くなる。お母さんは生命力が強いからまだまだ死なない。大丈夫!」と激励ともつかぬ言葉をかけてくれてます。それでも手術当日は有休をとる予定とか聞きました。

     まあ、「手術すれば今よりはよく見えるようになる」という医者の言葉を信じて、更に運を天に任せて手術に臨みたいと思っています。

    ◎共通番号いらないネット 学習討論会

    2017.05.15 Monday

    0

      ML情報です。拡散OKです。

      ◎共通番号いらないネット 学習討論会
      「共通番号制度はなぜ反監視の観点から語られないのか」


      いま国会では共謀罪が審議され、私たちも全力でその成立を阻止すべく様々な行動に参加しています。
      安倍政権は戦後なしえなかった監視立法を成立させてきました。
      番号法、秘密保護法、盗聴法の拡大、そして共謀罪というラインナップです。

      2020年の東京五輪の年をテロ対策を大義名分にして市民監視体制の完成が目指されているのではないでしょうか。
      しかし、反監視の観点からの取り組みを語る際に、多くの場合、番号法は抜け落ちます。なぜなのでしょうか?番号問題を語る際に利便性、効率性、プライバシー、などの多様な論点の中に反監視という論点が後景化してしまうからなのか。

      今回は、反監視としての番号問題はなぜ秘密保護法や共謀罪などと同等に脅威として論じられないのか、という問題について徹底討論したいと思います。是非ともご参加ください。


      日時:5月17日(水) 18:30〜

      会場:渋谷区立千駄ヶ谷区民会館 第1会議室

      交通:JR 原宿駅 徒歩10分
          東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅 徒歩8分
          東京メトロ副都心線 北参道駅 徒歩8分

      問題提起者
          小倉利丸(情報資本主義論)

          原田富弘(共通番号いらないネット)

          宮崎俊郎(共通番号いらないネット)

      6月議会上程予定議案の説明会

      2017.05.15 Monday

      0
        今日は朝9時から6月議会上程予定の議案説明会でした。

        今回の議案総数は22件、内訳は専決処分の承認3件、補正予算1件、条例改正2件、請負契約の締結1件、人事案件(農業委員)の承認が15件となっています。

        これまで農業委員会の委員は、公職選挙法を準用した選挙で選ばれる選挙委員と、農業協同組合や市町村の議会が推薦し市町村長が選任する選任委員から構成されていましたが、「農業委員会等に関する法律」の改正(平成28年4月1日施行)により公選性は廃止され、次の任期より、推薦・公募により選出され、議会の同意を経て、市長から任命された委員により構成されることとなりました。

        これに伴って、今回、農業委員会委員の人事案件が15件出てくる予定になっています。

        ※農業委員は農業委員会を構成する委員で、非常勤の特別職の公務員で報酬があります。
        会長 月額 35,000円

        会長代理 月額 30,000円

        委員 月額 29,000円

        この他、費用弁償1000円/日

        農業委員の任命にあたって、(努力義務ですが)留意すべき点として、農業委員会等に関する法律の第八条に次の点が定められています。

        認定農業者が委員の過半数を占めなければならない。

        委員会の所掌に属する事項に関し利害関係を有しない者が含まれるようにしなければならない。(農水省:弁護士・司法書士・行政書士等)

        年齢、性別に著しい偏りが生じないよう配慮しなければならない。

        今回の人事案を見ると、15名のうち女性はたった3名、これって性別に著しい偏りに当たるのではないでしょうか。
        年齢も60代7名、50代5名、40代3名・・・と若者が少ないのも気にかかる。

        他の地域はどんな状況なのでしょうか・・・