えみこ日記

議員になることは特別なことではありません。あなたも立候補しませんか?

2018.04.10 Tuesday

0
    今日は、クオータ制を推進する会(通称Qの会)主催の院内集会で、衆議院第一議員会館で11時半から13時半まで開催します。誰でも参加できますので、ぜひ多くの方に参加していただきたいと思っています。

    ところで、4月10日は、女性国会議員39名誕生した「女性参政権行使」の72回目の記念日です。今年の記念日こそ、「政治分野における男女共同参画推進法」の成立を祝う会にしたいと思っていました。

    しかし、森友問題に端を発する公文書の改ざん問題、防衛省の日報問題等々、次から次へと不祥事が続き、国会審議が大幅に遅れています。結果、推進法案の提出も遅れ、7日のパリテ集会での議連会長のお話では、法案成立は、連休明けに持ち越されそうです。

    私は、Qの会の役員として、「政治分野における男女共同参画推進法案」を作っていただくために活動してきました。Qの会立ち上げ段階から参加しているので、かれこれ8年目に入りました。

    推進法は、議員立法となるため、その為に国会内に超党派の議連ができたわけですが、議連ができてから足掛け3年。法案はかなり前にできていたにもかかわらず、何度も政局に翻弄され、法案提出に至りませんでした。

    今度こそは…と、何回も願いながらも、政局に翻弄され、その度に落胆の連続でした。そして、今回も同様です。

    そうは言っても、世論の後押しを受けて、法案成立は秒読み段階に来ていると思います。

    しかし、法律ができたからといって、すぐに女性議員がすぐに増えるわけではありません。確かに、法律は大きな力とはなりますが、この法律は理念法ですから、むしろ、この推進法をよりどころにして、今後、どのような活動や運動を進めていくかが、大きなカギとなるように思います。
     
    Qの会では、推進法の成立をお願いするために、何度も議員会館回りをしましたが、その中で多くの国会議員から、女性議員を増やすといっても、なかなか立候補する女性がいないという声を聞きました。実際に、立候補される女性がいなければ、女性議員を増やすことはできません。

    しかも、女性なら誰でも良いわけでなく、今年できた若い女性の出馬を促すためのトレーニング講座を提供する一般社団法人パリテ・アカデミーがめざすように、3つのキーワードInclusion(誰をも排除しない包括性)、Respect(お互いの違いを尊重する関係性)、Justice(正義の追求)の視点をもった女性が増えなければ、変わりません。

    今日の院内集会は、3部構成となっていますが、第3部では「地方議会を変える女性たち」というテーマで、神奈川県二宮町議の小笠原陶子さん、埼玉県越谷市議の松田典子さん、愛媛県議の武井たか子さん等、現職議員をお迎えして次の3点を中心に語っていただきます。

    ,匹Δ笋辰撞聴になったか

    ⊇性が立候補するに際して、あるいは議員活動をする際に何が問題か

    女性議員を増やすために参考になること

    そして、できれば参加者の皆さまが、「議員になることが特別のことではなく、自分も立候補できる」という考えに至ってくださればいいな、と考えております。

    来年は統一地方選、国会議員に女性を増やすことはもちろん大事ですが、むしろ身近な地方議会こそ、女性議員を増やすことがより重要だと思っています。

    都道府県議会に占める女性の割合は9.9%、市区議会議員では14.6%、町村議会では9.8%、しかも3割の町村議会では女性議員ゼロ(平成28年12月31日現在)

    こんなアンバランスな議会を変えるために、あなたも立候補しませんか?

    今年のWAN総会&大会は横浜

    2018.04.09 Monday

    0


      今年のテーマは
      『女たちの活動が、社会を変えた。〜「 待ったなし!」の市民ニーズに応えるNPO』

      基調講演:又木京子さん(社会福祉法人藤雪会 理事長)
      報告者:森祐美子さん(NPO法人こまちぷらす)、北原まどかさん(NPO法人森ノオト)
      をお迎えすることになっています。

      ・日 時: 2018年 5月19日(土)
       12時40分〜 13時 オープニングセッション
       13時〜 16時30分 シンポジウム
      ・会 場: 男女共同参画センター横浜 1階 ホール

      又木さんはクラウドファンディングがない時代から、「信用」をベースに1億円を超える資金調達に成功し、配食サービス、外出支援サービス、病後児保育などの実践を女性たちと行い、政策提言を続けてきました。
      森さん、北原さんも地域に根差し、ひとりひとりの声をカタチにしながら、社会に発信しつづけています。

      WANサイトでもご案内や基調講演講師の紹介レポートや動画を順次アップしているところです。

      【今年も会いたい! WANシンポジウム2018@よこはま】
      ★ご案内 #2
      https://wan.or.jp/article/show/7777

      【WANシンポジウム2018@よこはま・プレ企画】
      基調講演講師・又木京子さん事業訪問レポート
      ★Part1
      https://wan.or.jp/article/show/7729
      ★Part2
      https://wan.or.jp/article/show/7737
      ★Part3(文:早川瑞)
      https://wan.or.jp/article/show/7766
      ★Part4(文:吉野真佐代)
      https://wan.or.jp/article/show/7774

      基調講演講師・又木京子さん事業訪問動画
      ★Part1
      https://wan.or.jp/article/show/7790

      今日はイコール・ペイ・デイ(EPD)

      2018.04.06 Friday

      0
        IMG_8325.jpg

        昨日、議員のボックスに上のような情報紙のモノクロ版が入っていました。八潮市人権男女共同参画課が作成し、庁内の職員に発信し、議員にも配布、市HPにも掲載しているものです。

        私は、男女共同参画社会の実現には、庁内の職員の意識をまず変えることが、はじめの第一歩だと思っています。そんな中、このようにタイムリーな情報を発信してくれる担当課の職員に感謝しています。担当課の職員の意識の高さにも、正直言って感動しました。

        情報発信、ありがとうございました!!

        そう、今日6日はイコール・ペイ・デイです。女性と男性の賃金格差は、世界共通のものです。

        男性が1年働いた金額と同じ金額を女性が手にする日が、イコール・ペイ・デイで、今年は4月6日になります。
        つまり、男性と同じ金額を手に入れるためには、1年と3ヶ月以上働かなければならないということです。

        イコールペイディFullSizeRender (79).jpg

        わが国でこの運動を実施している認定NPO法人日本BPW連合会から、送られてきたメールには、次のようにありました。

        男女の賃金格差解消のためにも、格差の現状を可視化する必要があると考え、BPWは、男性が1年で手にする賃金を女性は何日余計に働かなければならないか、を計算して、その日を『イコール・ペイ・デイ(同一賃金を手にする日)』として、男女賃金格差の存在を、広くアピールしてきました。

        国会では働き方改革関連法案の議論が行われていますが、女性にとって、賃金の男女格差の解消は、喫緊の課題であります。国連のSDGs第5項に明記された『女性及び女子のあらゆる形態の差別を撤廃する(5−1)』の達成のためにも男女の所得・賃金格差の解消が求められています

        このイコール・ペイ・デイキャンペーンは、世界各国のBPWで行われており、特にEUでは、イコール・ペイ・デイには、賃金格差の分だけ、欠けたチョコレートを経営者にプレゼントするなど、ユーモアを交えた方法で、アピールを展開しています。
        日本では、この日に各地でBPWの会員が、地元の市民にイコール・ペイ・デイのPRをおこなったり、行政や財界の責任者を訪ねて男女賃金格差解消への理解を求めたりしています。

        イコー・ペイ・デイの計算根拠は、日本の場合、毎年2月に公表される厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の一般労働者の賃金の推移の数字から計算しています。

        平成29年の一般労働者(短時間労働者以外の労働者)の賃金(月額)で
        男女計は304,300 円(前年比0.1%増)、
        男性では335,500 円(同0.1%増)、
        女性では246,100 円(同 0.6%増)
        女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差は、昭和51 年以降で過去最小となったとはいえ、まだ男性の73.35%(前年72.97%)です。

        その結果、今年のイコール・ペイ・デイは1日前倒しの4月6日となります。


        私は、数年前にこの運動を知り、以来、時間が許す場合には、毎年東京駅近くのオフィス街でイコール・ペイ・デイキャンペーンに参加してきました。

        男女の賃金格差がなくなれば、このような運動は必要ないわけですが、その日が来るまで色々な場所で啓発活動が必要です。

        2018年度 イコール・ペイ・デイ全国会議が、下記のように開催されます。関心のある方はぜひご参加ください。
        日時:
         2018年4月21日(土) 13:30〜16:30

        会場:
         婦選会館ホール 渋谷区代々木2−21−11 ※参加費無料

        プログラム:
         ●はじめに(13:30〜13:45) 挨拶と政策説明
            厚生労働省雇用環境・均等局 雇用機会均等課長 堀井 奈津子氏
         ●第1部(13:50〜15:00) 基調講演 「女性活躍推進の構造と賃金格差の解消」
            講師/ 矢島 洋子氏 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)
                     女性活躍推進・ダイバーシティマネジメント戦略室長
         ●第2部(15:00〜15:15) 報告 イコールサラリー賞2年連続受賞企業 フィリップモリス(株)
         ●第3部(15:20〜16:00) 全国各地で展開したEPD運動報告
         ●第4部(16:00〜16:30) 今後のEPD運動について意見交換とアピール採択

        問合せ・参加お申込み:
        「4/21参加希望」と明記の上、「氏名」「連絡先(TEL , FAX or E-mail)」をご記入いただき、
         下記までE-mail もしくはFAXでお申し込みください。(当日会場でも参加を受付けます)
         E-mail: sympo2018@bpw-japan.jp
         FAX:03-5304-7876 TEL:03-5304-7874