えみこ日記

8月29日〜31日まで嵐山でヌエックフォーラム

2019.08.07 Wednesday

0
    20190829チラシ案(確定)_page-0001 (1).jpg

    8月29日〜31日まで埼玉県嵐山町にある国立女性会館(ヌエック)で男女共同参画フォーラムが開催されます。私も役員となっているクオータ制を推進する会(Qの会)は、今年もワークショップを行います。お近くの方、関心のある方はぜひご参加下さい。

    なお、所属している全国フェミニスト議員連盟でもワークショップを31日10時から行います。こちらもよろしくお願いいたします。

    市民オンブズ全国大会in岐阜(9月28日〜29日)

    2019.08.07 Wednesday

    0
      昨日、「市民オンブズマン全国大会in岐阜の案内チラシができました」と寺町知正大会委員長からメールが届きました。転載、転送大歓迎とあったので、私のブログでもご紹介します。

      今年のメインテーマは『市民オンブズマン的自治会学』のススメ 〜自治会(町内会)、その病理と処方〜」詳細はチラシをご覧ください。

      omote_page-0001.jpg

      ura_page-0001.jpg

      2日目のオプション企画のチラシ

      「議会基本条例で議会の民主化、活発化はすすむか」/市民オンブズ全国大会in岐阜 (オプション企画) 2日目・9月29日(日) 13:30〜
       このオプション企画では、私も発言の機会をいただいています。

      消費増税対策のプレミアム商品券、海老名市は全市民を販売対象に!

      2019.08.01 Thursday

      0
        今日から8月、梅雨明け後、いきなり猛暑の連続で閉口しています。
        さて、本日の朝刊に「やしお市議会だより」が折り込まれています。ぜひ、手に取ってお読みください。

        やしお市議会だよりの2Pに、4月に行われたのことがプレミアム商品券に係る補正予算について審議した臨時議会での討論が掲載されています。スペースがあまりないため、ほんの要約しか掲載できなかったので分かりにくいかと思いますが、いずれにしてもこのプレミアム商品券発行については、増税の平準化策とは考えにくいことやバラマキ感が否めないとして反対しました。

        先ほど、MLに流れてきたニュースを読んで、ビックリしました。
        プレミアム商品券は、消費税率の10%への引き上げに際し、家計の負担軽減策として全国で実施される国の補助事業ですが、対象は住民税を課せられない低所得者と、2016年4月2日〜今年9月末に子どもが生まれた世帯を対象とするものです。

        しかし、人口約13万3千人の神奈川県海老名市では、内野優市長が「(経済状況の)色分けになってはならない」と問題視し、国が対象外とする市民も購入できるよう独自の事業として補正予算案に約9470万円を盛り込み、6月議会で可決されているそうです。

        実は、私もこのプレミアム商品券は、すべての人が買えるわけではない為、お店で使う場合その人の経済状況が分かってしまうので、プライバシーが守れるのか懸念があって、質疑でこの点について聞きましたが、八潮市は特段の対応は考えていないようでした。しかし、海老名市のように全員対象にすれば、この点は解消されます。

        このプレミアム商品券事業は、2万5000円分の商品券を2万円で販売し、5000円の上乗せ分と事務費も含めた関連経費は約1900億円で、全額国負担。事務費は、商品券の作成費用、購入引換券の印刷代や郵送代、人件費などの事務費が計上され、1900億円の3分の1を占める。国の下請けで膨大な作業を強いられる自治体の多くは、商品券の発行を外部委託する方針のようで、八潮市も地元の商工会に委託する予定です。

        仮に海老名市のように全市民対象にしたら、商品券などを発行せずに直接現金を手渡しか、振り込みにすれば、印刷代など無駄な経費は減るのになーと思います。

        海老名市のように全市民を対象とする自治体が他にあるのか分かりませんが,国の決めた愚策を強いられる自治体ですが、プライバシーに配慮した海老名市長の考え方には共鳴します。