えみこ日記

手話言語条例制定予定について、県が調査していた!

2017.04.14 Friday

0
    2017年4月7日の読売新聞埼玉版に、「『手話言語条例』制定進む」という見出しで、かなり大きな記事が掲載されていた。

    埼玉県が条例を制定したのが2016年3月。その後、県内では三郷市、桶川氏、ふじみ野市、久喜市、熊谷市が制定している。熊谷市も策定していたんだ!

    この記事の中に、「県によると、現在、条例制定を検討中の自治体も12市町に上る」とあったので、埼玉県の障害福祉課に電話をして聞いてみた。

    私:記事の中に、検討中の自治体も12市町とありますが、どこの自治体でしょうか?教えてください。

    県職員:少しお待ちください。(上司と相談したのか)この調査は公表しないという条件で調査したものなので、教えることはできません。

    私:12市町の中に、自分の住んでいる市が入っているかどうか…確認したいのですが、だめですか?ところで、この調査はいつ行ったのですか?

    県職員:今年の1月です。

    何回かやり取りをしたが、最後までらちが明かなかった。そこで、市の障害福祉課に電話をして、「手話言語条例の制定について、今年1月の県の調査に、八潮市はどのような回答をしたのか教えてください」と尋ねてみた。

    市職員:少し時間を下さい。こちらから折り返し連絡させていただきます。

    10分後くらいに電話があり、「検討中」と回答しましたというではないか・・・さらに、「読売新聞にあった検討中の自治体12市町に八潮市も入っている」と言っていた。

    県の職員によれば、この調査は検討していない自治体に作るように働きかけるのが目的で、公表しないとして行ったものだから、この場合の「検討中」は作る方向でという意味合いが強いと理解できる。

    ならば、八潮市が県に報告した「検討中」というのは、作る方向で…という意味なのだ。

    1月には県にこのように報告しているのに、3月の私の質問には、ずばり作ると言わずに「調査検討」という答弁だった。「調査研究よりは、少しは前向き」のニュアンスだというが、もっと端的な表現があってもいいのではないかと思う。

    私には実現して欲しいことが山ほどあり、毎回、どの質問を削るか、悩んでいるのだから、何回も同じ質問をせずに済むように、配慮して欲しいな〜

    女性議員を増やそう!

    2017.04.12 Wednesday

    0
      10日夜、越前市元議員だった大久保さんから、「越前町」に初の女性議員となる南ゆかりさん当選の連絡が入りました。そして、昨夜は北海道ニセコ町議の斎藤さんから、富良野町議選で女性の新人寺岡祐子さんがトップ当選の報がMLに流れました。富良野町議会では2人目の女性議員誕生とのことでした。

      一昨日の若い人たちの企画の中で、司会を務めた女性が「女性議員を増やすと言うと、必ず女性なら誰でも良いのか?という質問がでるが、私たちは男性であっても女性であっても誰でも良いわけではないと、切り返す」と、言っていたが正論です。


      昨年、政務活動費の不正請求で多くの議員が辞職し、補選が行われた富山市議会の任期満了に伴う本選挙が、4月9日告示され、16日投開票となっています。 定数38に対し58人が出馬するという、大激戦です。

      報道によれば、58人の立候補者の内訳は、▽現職36人▽元職2人▽新人20人で、政務活動費問題で辞職した元職1人や政活費を返還した現職8人も含まれているという。

      党派別では
      ▽自民27▽民進1▽公明4▽共産4▽維新3▽自由1▽社民3▽地域政党「政策チーム光」2▽幸福1▽無所属12。

      政務活動費の不正を認めた自民現職は「お叱りの言葉を受けた」としつつ、「地域のために頑張れ、と激励され出馬した」と説明。白紙領収書を使った架空請求などが発覚し辞職した無所属元職は出陣式で「襟を正して、全力で市政の信頼回復に頑張っていく」と何度も頭を下げたそうだ。

      しかし、政務活動費の不正が発覚したのは、昨年の8月でまだ1年も経っていない。それでも再び立候補するとは呆れてものが言えない。政務活動費は公金です。市民の税金です。議員の役割は公金の使途のチェックです。自らの政務活動費の使途もチェックできなかった人が、公金のチェックをきちんとできるかどうか・・・かなり疑問です。

      報道の中で、「無所属新人は、『おかしい』と言える人を選ばないといけない。市民が試されている選挙だ、と呼びかけた」とあったが、まさにどんな人を選ぶのか…市民が試されていると思います。

      今回の富山市議選で、女性候補は8人立候補しており、仮に全員当選したとしても女性比率は21%。まだまだ女性議員は少ない。

      カラーにメッセージを込めて

      2017.04.11 Tuesday

      0
        FullSizeRender (23)ribon1.jpg

        ribon2.jpg

         1月末に公開された映画サフラジェット (英語: Suffragettes)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、選挙で投票する権利を女性にも与えるよう主張する女性団体の人々のことです。
         邦名は「未来を花束にして」で、イギリスの女性参政権獲得までの女性たちの壮絶な戦いを描いています。

         昨日のパープル色に染めたイベントの企画の際、このサフラジェットのように、運動に賛同する仲間の一体感を醸成するために何らかのバッチのようなもの、そしておしゃれなものを作れないか・・と話し合いました。

         サフラジェットが使った三色は紫、白、緑。 色にそれぞれ意味があって、紫=尊厳(Purple:Dignity)、白=清廉(White:Purity)、緑= 希望(Green:Hope)が込められている。

         ただ、緑は小池百合子カラーとして最近定着している為、この際、緑は避け、紫、白に調和が取れる黄色に決まった。そして、クオータ制を推進する会の例会後、(私は当日検査のため欠席だったが)残れる方だけで作ってくださったのが上の写真。今朝の東京新聞に掲載された赤松代表も胸に付けていました。

         パリテマーチの実行委員会作成のバッチは下のもので、真ん中に「議会は男女均等!」とか、「女性議員を増やそう!」「PARITÉ50/50(パリテ)」などの文字が記されている素敵なバッチでした。

         推進法が成立したら、再びパープル色のものを身に付け、もちろんこれらのバッチも付けて、みんなでお祝いしようと話しています。