えみこ日記

告示まであと8日

2005.08.19 Friday

0
     今日も暑い一日でした。
     昨日から、末娘が部活の合宿に出掛けたので、今日は一日中自由に時間を使うことができました。幸い、夏休み中の夫も、企業家相手の講演が予定に入っている為、夕食はいらないと言って出掛けており、本当に助かりました。
     実質的な選挙戦は終盤に入り、午前中知り合いのところにあいさつ回り、午後は事務所で公選はがきの整理、夕方は地元町会へのあいさつ回りと忙しく過ごしました。
     歩いていると、子どもの同級生のお母さんにお会いして、一緒にPTAの役員をした頃の話や、同級生の消息にまで懐かしく話が及びました。
     また、新しい家並みが増えた一方、家があった場所がいつしか空き地になっていたりと、変らないようで、変わっている地域の様子が見えました。
     地元町会から出ている候補者が、先週、数名の町会の役員と連れ立ってあいさつ回りをした話は聞いていましたが、あいさつ回りというと、連れ立って回るのが当たり前と思っているのか、私がひとりで回っていると「えっ、ひとりで回っているの?」と驚いたように聞かれました。
     私は、1期目からボランティアによるてづくり選挙を実践していますが、それはいわゆる地盤、看板、カバンがなくても、(厳しいことですが)選挙はできることを、後に続く人に分かってもらい、地域の顔役だけでなくいろいろな人が立候補できる環境をつくりたいと思っているからです。
     「八潮発!新しい風」を地域全体に吹かせるために、めげない、諦めない活動が、いつかは実を結ぶことを信じながら、明日も頑張りたい。

    親失格?

    2005.08.16 Tuesday

    0
       昨日は終戦記念日、それと長女の26回目の誕生日でした。
       そのことをすっかり忘れていて、今日になって「あっ」と思ったのですが、後の祭りでした。
       長女も、私が忙しくしている為、気を使ってくれているのか何も言わないので、気がつきませんでした。正に、親失格です。
       
       このところ自分の許容範囲以上の忙しさで、家族はもちろん周囲の人にも迷惑をかけっ放し、本当に秘書が欲しいと思う毎日です。
       こんなことならもっと前から準備をしておけば良かったと思っても、これも後の祭りです。
       初めて選挙に出た時も、前回も、そして今回も準備不足で突入することになりそうです。
       多田市長曰く「政治活動と選挙活動は別物」らしいですが、何回個別訪問をしたかではなく、日常の活動がそのまま反映するような選挙結果になって欲しいと願っています。
       皆さま、どうか投票に行ってください。そして、「これからの八潮にとって必要な人は誰か」とよく考えて投票してください。 
       
       
       

      母親の応援は頼めず

      2005.08.15 Monday

      0
         いつも選挙の時は、家事を引き受けてくれていた実家の母が、今年は体調がすぐれないから手伝いに行けないと言ってきました。「その代わりとは言えないけれど、選挙事務所で使って欲しい」と狭山のお茶を1キロ送ってくれました。
         今年82歳になる私の母は、ひとり暮らしで狭山市でひっそりと生きています。
         数年前、大腿骨頭壊死で人工関節になりました。十時間を越える手術でしたが、その後驚異的なリハビリを経て、何とかひとりで生活をしています。
         娘が三人いますが、長女はアメリカのシカゴに永住、次女は私で子育てをしながらの政治活動、末っ子は離婚をして自分の生活費を稼がなければならない為、毎日忙しく過ごしています。
         母は、父が仕事で失敗をし多額の借金を抱えた為、働くようになりましたが、上州女の典型で、どの職場になってもよく働く人で、生来の明るさでどの職場でも難なくこなしていました。
         「ひとり暮しでは大変だから、私の家に来たら」といっても、友だちと離れるのはいやだと言って、頑固にずっとひとり暮らしを続けています。
         耳が遠くなった母親をひとり暮しにしておくことは、娘の私にはとても辛いことだけど、今は、母親の気持ちを優先してそのままにしています。
         「住み慣れた町で、年をとっても安心して暮せるまちに」というのが私の政治モットーですが、これは私の実体験からそうしたいと思っていることです。
         お母さん、選挙が終わったら親孝行をするから、それまで待っててね。