えみこ日記

終戦記念日

2006.08.15 Tuesday

0
     今日は、第61回終戦記念日です。北の丸公園の武道館では戦没者追悼式が行なわれる予定です。
     
     そんな中、小泉純一郎首相はモーニング姿で15日午前7時41分、東京・九段北の靖国神社に参拝し、「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳。献花料3万円はポケットマネーから払ったという。参拝方式は「一礼」だったそうです。
     
     毎日新聞によれば、「首相の靖国参拝は01年の就任以来6年連続で、これまで回避していた終戦記念日の参拝に、退任を控え初めて踏み切った。現職首相の「8・15参拝」は85年の中曽根康弘首相以来21年ぶり。首相は01年自民党総裁選の公約であることを参拝理由として説明するとみられるが、中韓両国の反発は必至で、自民党総裁選の論議にも影響しそうだ。

     首相参拝を支持する安倍晋三官房長官の自民党総裁選での優位が揺るぎない情勢で政局への直接的な影響が回避でき、退任を控えての参拝なら中韓両国の反発も限定的との判断からとみられる。」とありましたが、果たして思惑通りになるのでしょうか。

     それにしても既に選挙前に安倍首相が決定的のような報道、誰も彼も新体制以後の人事や政治力を優位にする為に、雪崩現象のように安倍支持に回っているような感じがします。
     
     近々、首長選を控えている自民党の議員が、「どちらが首長としてふさわしいかでなく、どちらを応援したら、その後の自分にとって有利かよく定めて応援する。」話すのを聞いたので、私は「自分にとってどちらが有利かでなく、どちらが首長としてふさわしいかで判断して欲しい。」と反論しましたが、国も地方も議員がこんな状況では、政治不信はますます増加するだけではないでしょうか。
     

    台風一過

    2006.08.10 Thursday

    0
       
       パソコンが故障して、ほぼ1週間ぶりの日記です。
       台風一過、まぶしいほどの晴天となりました。暑くなりそうですね。
       昨日から、山となって崩れ落ちそうになっている書類の整理をしています。
       整理するたびに、やっぱりとっておいた方が良いと思い、捨てられずにいた新聞の切り抜き、書類や雑誌も、今回はばっさり捨てようと覚悟していますが、どうなることやら・・・ それにしても溜まるものですね。(うんざり・・・)
       
       パソコンの普及に伴って、ペーパーレス時代なんて嘘です。パソコンから入手した情報も、プリントして、じっくり読まないと頭に入らない性質なので、かえって印刷物が増えています。
       お盆過ぎには、勉強会が続いているので、それまでには何とか片付けなければと思っていますが、今日、明日と孫が泊まりにくるというし、明日は娘も帰ってくるしで、いろいろな楽しみの誘惑に惑わされながら、しばらくはこの書類の山との格闘が続きそうです。

       格闘している私を見て、末娘は『いっそ災害にあってすべて失ったと思い、全部捨ててしまったら?』と言うけれど、そうはいかないから大変なのですよね。

      多摩南部成年後見センターを視察

      2006.08.02 Wednesday

      0
         調布、日野、狛江、多摩、稲城の5市が共同運営している多摩南部成年後見センター(愛称ほっとす)を視察しました。
         平成12年からの介護保険制度の導入、平成15年度からの障害者支援費制度(今年からは障害者自立支援法に移行)がスタートし、従来の行政の「措置」から、利用者が自由な意思で事業者を選択して「契約」する仕組みに大きく変りました。

         しかし、福祉サービス利用者の中には、認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者など、自分でサービスを選択したり決定することが困難な人もいます。また、判断の能力が相当程度不十分な場合には契約当事者となることができません。従って、そのような人を支える重要なものとして、「成年後見制度」の充実は欠かせません。

         多摩南部成年後見センターが作られたそもそものきっかけは、介護保険制度開始時の調布市役所の福祉担当の職員の疑問ー制度の実効性を持たせる為には、同時に成年後見制度を充実させなければ、絵に描いた餅に等しいーでした。
         今回視察をするまでは、なぜ調布市でこのようなサービスが実施できるようになったのか、キーパーソンがいるのではないかと何となく感じていましたが、まさか行政の一職員の発想だとは夢にも思いませんでした。これには、一緒に視察に行った4人ともカルチャーショックを受けました。

         センターの所長の表現を借りれば、「その職員の発想をブルドーザーのような部下が実現に向けて頑張ったから、実現できた」ということです。

         多摩南部成年後見センターは、広域化することによって経費節減や、出現率や色々な事例を検証できるなど、スケールメリットを生かしているということです。セーフティネットとして、こういうサービスこそ、行政が行なうべきものです。
         八潮市でも5市1町の共同運営で、こういったサービスが展開できないものでしょうか。