えみこ日記

岩国市の住民投票結果

2006.03.13 Monday

0
     米艦載機の移転を問う岩国市の住民投票で、投票した市民の87%(投票率58.68%)という圧倒的高率で「NO!」の意思を表明しました。市議会の多数派や地元経済人らが「投票棄権」を働きかける運動が展開される中で、有権者の過半数が反対したことは、軍事基地がいかに、市民生活や生命を脅かしているかを表したのだと思います。
     新聞報道によれば、井原岩国市長は、週内にもこの住民投票の結果を踏まえ、国に移駐計画の白紙撤回を要請するということです。
     国は早い段階から、「住民投票の結果で移駐計画を撤回するつもりはなく、3月末の在日米軍再編の最終報告に向けて米政府との協議を進める方針」を示しているということです。
     しかし、米軍再編を巡る全国初の住民投票であり、国はこの結果を真摯に受け止めるべきだと思います。
     それにしても昨日の午後3時の時点で投票率が50%を超えた(ML情報)ということはすご〜い。
     これからがむしろ本当の闘いかもしれませんが、最後まで頑張って欲しいと思います。

    感動した卒業式

    2006.03.12 Sunday

    0
       昨日は末娘の高校の卒業式に参列しました。
       希望する部活がない為、私立の中高一貫校に入学したのが6年前、6年間自分の好きな部活を楽しみ、沢山の友人を得た娘は進学先が決まってからも毎日「友達と別れたくない。卒業したくない」と言っていました。
       校長先生から一人一人卒業証書をいただき、最後の一人が席に着いた時、卒業生が全員で「ありがとうございました」と大きな声で感謝の言葉を述べました。何でも今年の卒業生からの提案だったと謝恩会の席で伺いました。
       「ありがとうございました」というのは6年間お世話になった先生方や、列席していた保護者双方に向けられた言葉だと感じ、感動しました。
       多感な年齢で、難しい時期にもかかわらずクラス全員が仲がよく、謝恩会の席でもそのことが話題になり、子ども達が卒業しても「子ども同様、親同士もこれからもお付き合いを続けていきましょう。」ということになりました。
       子育ては大変なことも多かったけれど、子どもを通して色々な経験や出会いを得られたこと。それによって私も大きく成長できたことを心から感謝し、4人の子どもたちに心から「ありがとう」を今は言いたい。 
       

      地域住民を無視した小中一貫教育の進め方〜これが八潮方式?

      2006.03.09 Thursday

      0
         今日は午前9時から総務文教常任委員会が開かれました。
         今回、市長から出された議案のうち、平成18年度の八潮市一般会計予算は分割で3常任委員会に負託されていますが、私の所属する委員会ではそれを含めて13議案が審議されました。
         特に今回、既に新聞報道にもありましたが、平成21年度を目途に小中一貫校を実施するための前段階として八條中学校の校舎改修工事費や耐震2次診断の予算が計上されており、地域住民の理解を得ることなく進められていることに疑義を唱える議員から質疑が集中しました。
         今回から委員会での審査方法の変更もあって、総務文教常任委員会に負託された議案の審査が終了したのは午後8時半。おそらく八潮市議会始まって以来の長審議となりました。これだけの時間をかけても尚、疑問が残る小中一貫教育の実施でした。
         結局私と共産党の2名の議員を除いて、総て賛成で平成18年度の予算案が可決されてしまいました。
         八條中と八條北小学校の小中一貫教育導入のモデル校導入のための施設改修費は今回の1億500万円の外に、今後、八条小学校の児童を受け入れる為に校舎の増設費6億円、来年度以降に行なう校舎の耐震工事費用3億2千万円(国補助半分)が今後必要とされています。
         しかも公立ということで、市内全域を同じようにしていくためにはハード整備だけでも相当な財政負担がのしかかります。
         私は教育にお金をかけることは必要だと思っていますが、これだけの金額をむしろ教育ソフトの面に生かすことがより子どものために必要だと思います。校長会や地域の保護者への説明もなく進められたことの理由を問う質問に、担当部長は「市民の代表者である議会に一番に判断を求めた」と答弁したが、この答弁に対して傍聴していた市民の一人は「議会が市民の声の代弁者の機能を必ずしも果たしていない現実を知ってて、一番通しやすいところに最初に提案した」と語っていました。
         20日の本会議で、最終的に決まります。時間のある方は是非傍聴に来てください。