えみこ日記

来年のフェミニスト議員連盟の夏合宿は北秋田市で

2006.10.02 Monday

0
     来年の全国フェミニスト議員連盟の夏合宿は北秋田市と決まりました。
     先日、「あの鷹巣町のその後」というビデオ上映会を開催したばかりですが、その中で合併後の北秋田市長選挙に立候補し、善戦した小塚光子さんが現地の実行委員として準備を進めてくださるとのこと。何か因縁を感じました。
     数年前の小雪が舞う合併前の鷹巣町の「ケアタウンたかのす」を訪ねた私たち5人を歓待してくださった当時の岩川町長にもお会いできるかと、今から楽しみです。
      議員になって9年目、同じ志を持った人たちと出会えた喜び、そして私を必要として下さる人たちへの奉仕ができることを何よりも増して嬉しく感じています。
     先日の4人の議員の連名で、「私の通信やブログに関する謝罪や訂正文の掲載、今後他の議員や会派の名誉を傷つけるような誹謗中傷を行なわないという誓約を求める件」についても、多くの方から「こんなことに負けないで今までどおりのあなたのスタンス、活動を続けて欲しい」という趣旨の多くのメッセージをいただきました。
     中には、わざわざ6月議会の議事録をインターネットで読んでから、えみこ通信で書かれたことは事実であり、「八潮市と八潮市民の幸福のために、正論を説き、力を尽くし活躍されている矢澤さんを妬み、逆恨みし、足を引っ張り、八潮市政を後退させようとする輩とそのやり方に憤りを感じます。
    大人としての常識というより、人間としての物事の善し悪しの分別がつかないどうしようもない人達だなと思います。このような人が市政を担っていると思うと情けない限りです。」と強い口調でメールを送ってくださった方もいました。
     母のこともありますが、皆様の期待に応え、できる限り頑張りたいと思っています。
     現在、9月議会の報告「やざわえみこ通信第32号」を作成中で、10月中旬には発行できそうです。
     

    上田埼玉県知事の発言撤回と謝罪を求め、その歴史認識を問う集会と展示のお知らせ

    2006.09.30 Saturday

    0
       上田埼玉県知事は6月27日県議会本会議で「古今東西、慰安婦はいても『従軍』慰安婦はいない」、「自虐的な感情を出させることなく、真の史実、日本の正確な立場を学べるようにすることが大切だ」などと述べ、県の平和資料館に ついても「1991年従軍慰安婦問題など日本の戦争責任論議多発」という箇所を取り上げ、「こうした間違った記述は修正しなければならない」と発言しました。

       さらに7月3日、全国からの知事発言への抗議に対して「軍に強制的に徴用された女性がいたという証拠はない」という「見解」を報道機関に文書で発表しました。

       こうした知事の発言・行動に対して、私たちは歴史の真実を明らかにするために、韓国から元慰安婦イ・ヨンスさんを招き、以下のような証言集会を行なうとともに、埼玉県で初めて「従軍」慰安婦のパネル展を開催いたします。
       なお、イ・ヨンスさんは同日上田埼玉県知事を訪問し、自らの思いを訴えます。(交渉中)
       彼女の証言に正面から向きあい、アジアの未来をともに考えて行きましょう。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

      ◆「イ・ヨンスさんを迎え、証言を聞き、上田発言撤回謝罪を求める集会」
      ◇ 日時    10月3日(火)18:30〜20:30
      ◇ 場所    埼玉会館7B会議室(JR京浜東北線浦和駅西口 徒歩6分)
          http://www.saf.or.jp/access/saitama/index.html

      ◇ 証言者   イ・ヨンスさん(韓国元「従軍」慰安婦)
              コーディネーター  西野瑠美子さん(「女たちの戦争と       平和資料館」館長)
      ◇ 参加費  800円


      ◆ 「『従軍』慰安婦・平和資料館・アジアの未来を考える写真展」
      ◇ 日時    10月1日(日)12時〜17時、10月2日(月)10時〜17時
      10月3日(火)10時〜16時
      ◇ 場所    埼玉会館地下2階 第1展示室
      ◇ 無料

      ◆ 韓国からイ・ヨンスさんを招くにあたり渡航費等、皆様からのカンパを募ります。
        (賛同人・賛同団体受付中 個人は千円・団体は10口を目安です)
        ・郵便振替口座 00170−4−354490
      ・口座名義    埼玉県平和資料館を考える会
         #上記口座は10月1日から使用可能

      ◆ 主催: 上田知事の「従軍慰安婦」否定発言を問う県民連絡会
             連絡先 TEL&FAX 048-686-7398 石垣敏夫 

      ◆ 協力: アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」

      ◆ 賛同: 教育と自治・埼玉ネットワーク、子どもの人権埼玉ネット、埼玉教育フォーラム、沖縄一坪反戦地主会浦和、平和大学埼玉教室、撫順の奇蹟を受け継ぐ会、埼玉コリア21、埼玉県朝鮮人強制連行真相調査団、「わたしたちの教育基本法」を広める会、教育基本法と憲法の改悪をゆるさない埼玉のつどい実行委員会、埼玉県平和資料館を考える会、上田埼玉県知事発言に抗議する女たちの連絡会、南京へ道・史実を守る会、埼玉県教職員組合

      9月議会が終了しました

      2006.09.23 Saturday

      0
         昨日、9月議会が終了しました。
         すべての議案が可決した後、恒例の議長・副議長の選挙が行なわれ、議長は近藤晶作議員(自民クラブ所属5期目)、副議長は森下純三議員(公明党所属3期目)に決まりました。
         また、議長・副議長の交代に伴い、2常任委員会の副委員長が変りました。
         「たらいまわし」と批判がある1年交代の議長・副議長ポストですが、議会の構成が変らない限り、変えることは難しいというのが現実です。

         ところで、この日記しばらくお休みになりそうです。
         というのは、一人暮らしの私の実家の母(82歳)の体調が悪い為、しばらく実家に行ったり来たりの生活になりそうです。
         高齢の為、手術できるかどうか検討中ですが、長引きそうです。
         私は3人姉妹ですが、姉はシカゴに在住、妹は長期出張が多いキャリアウーマンなので、身近で介護できるのは私だけです。

         まだ介護保険は使っていませんが、今、認定を受けるか考慮中です。
         落ち着いたら再開したいと思っていますので、時々覘いてみて下さい。宜しくお願いいたします。