えみこ日記

学力テスト、八潮市は「番号方式」で実施

2007.04.11 Wednesday

0
     今月24日、小6と中3の全児童・生徒を対象に行われる全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、「個人情報保護審議会が、個人情報保護上支障あり!と判断した場合には、小6向けの解答用紙に名前の代わりに番号を記入する『番号方式』を例外的に認める。」とした文科省の判断が出たことで、「八潮市の状況は?」と思い、調べてみました。

     結論から言えば、八潮市は小6向けの解答用紙には、個人名は記載せず『番号方式』で実施するということです。
     石黒教育長のお話では、4月3日、「番号方式も可」とする県からのメールがあり、即日「番号方式」で実施する旨を回答したとのこと。番号方式の場合、現場の職員の負担が大きいことも考慮したが、「個人情報の保護」の観点から番号方式に決断したということです。
     
     3月議会の時点では、まだ文科省から通知がなく、「あくまでも実施要綱に基づいて実施する」と答弁しましたが、様々な事例から、個人情報の漏えいを100%防げるかと言われれば、100%とは断言できない。各地での疑問の声から、文科省の方針変更があったので、教育長判断で「番号方式」で実施することを決めたということです。

     県教育局に確認したところ、全国の教育委員会職員対象に10日と12日の2日間にかけて、霞ヶ関の文部科学省で、「番号方式」にした場合のデメリットなどについて1時間ほど説明会を行い、それを聞いた上で、今週末までに、どちらにするかの最終判断を行い、その結果を各県教育局に報告する予定になっているとのことでした。

     4月といえばまだ新学期が始まったばかりで、どの教育委員会でも落ち着かない時期。この時期に、日にちを指定して説明会を霞ヶ関で実施する文科省。せめて県単位で文部科学省の職員が出向いて説明できないのでしょうか。たった1時間のために沖縄から北海道の教育委員会職員を霞ヶ関に呼びつけるようなやり方って、おかしいと思わないのでしょうか。地域によっては日帰りで帰れない地域もあるでしょうに!絶対におかしいと思います。 

     4月3日のメールで既に「番号方式」での実施を決めた自治体は、東部教育事務所管内では21自治体中5自治体ということですが、県の職員に、「既に『番号方式で実施』と回答した自治体が、説明会を聞いて氏名記入に変更する事例なんてあるのですか?」と半ば冗談半分で聞いたところ、「ある」とのこと。
     そこで、もう一度教育長に確認しましたが、「八潮市では『番号方式』に変更はない」とのことでした。
     教育長の迅速な対応とポリシーのある決断に脱帽!今後も宜しくお願いいたします。 

    確かに・・・

    2007.04.11 Wednesday

    0
       あるメーリングリストで『今回の統一地方選で、同期の仲間が退社して、市議会議員選挙に挑み、定数4名の最後に何とか滑り込んだ。毎回、選挙で不思議に思うのは、公職選挙法の関係で期間中は候補者はブログが更新できないことです。ベタベタ張られて景観を損ねるポスターや騒音を撒き散らす選挙カーよりは、落ち着いて政策や人柄に触れる手段と思うのですが・・・』と疑問を投げかけていました。

       確かに、選挙前に候補者と知事のツーショットポスターや、県議仲間の顔写真を並べたポスターを2、3枚ならまだしも5,6枚も貼られたら、げんなりします。厳密に言えば、こういうポスターは違反じゃないのでしょうか。片隅に県政報告会や集会の案内の日程が申し訳なさそうに小さく書かれていて、それが投票日より3ヶ月、6ヶ月先の日程だったりします。

       数年前、ある有名な音楽家と一緒に写したポスターをまちのあちこちに貼った候補者が、落選した時、選挙目当てのポスターとも知らずそのポスターに記載された日に会場に行ったら、お目当ての音楽家はもちろん候補者も誰もおらず、怒った有権者が「中止するなら、中止のお知らせぐらいするべきだ」という新聞記事を読んだことがありました。
        
       一緒に勉強会を行なっている某市議の選挙は、選挙カーを走らせている間はスピーカーを切り、名前の連呼はせず、止まって街頭演説(目標200箇所)というスタイルで選挙戦を乗り切るという。
       ちなみにこの市議は、立候補第一声(「出陣式」という言葉は使いません)という。毎日、朝6時〜8時 駅頭あいさつ、9時〜18時 市内街頭演説、18時以降は基本的に選挙運動は行なわないということです。
       この市議は月2回の割合で、A4のニュースを発行し、駅頭で配布。支持者には郵送しているということです。これだけ日頃の活動を怠りなくやっているから、あえて選挙期間だからといって、特別な動きは必要ないのかもしれません。私にはこの議員の真似はとてもできないので、いつも驚き感心しています。
       
       ライフスタイルや働き方が多種多様になり、深夜の仕事に従事している人たちにとっては、昼間、スピーカーでガンガンやられたら安眠妨害もいいところです。そういえば、私の選挙の時、緑町のある人から電話があり、「昼間寝ているので、傍を通る時はスピーカーのボリュームを下げて欲しい。」と連絡があり、スピーカーを切って静に通り過ぎたことを思い出しました。
       自発的に事前に連絡を下さったから、配慮はできましたが、きっと他にも同じような環境の人がいるかもしれません。けれどもたいていは「1週間、9日間だから・・・」とじっと我慢をしているのかもしれません。

       これだけインターネット人口が増えたのだから、選挙期間中もブログの更新も解禁してもよさそうです。
       2月に法改正され、今回の選挙から選挙中もマニフェストが配布できるようになったが、「30万枚というのはあまりにも少なすぎる。」と都知事選の陣営が嘆いていました。マニフェスト配布は政令市長選で7万枚、その他の市長選で1万6000枚、町村長選で5000枚が上限です。一律に枚数が限定される方法では、有権者の何割の人が手にすることができるのか、大変疑問です。しかも、マニフェスト作成費用を公費負担にするかどうかは、自治体によって差があるとのこと・・・公費負担助成がなければ、お金がある人しか配布できないことになり、条件さえ整えば、誰でも立候補できるという被選挙権の保障という観点からはいかがなものでしょう。ついでに、同趣旨からすれば、供託金の引き下げも検討すべきと思っています。

       選挙期間中のホームページやブログの更新は、費用もかからず、手軽に更新できるので、私も一日も早く解禁して欲しいと思っています。
         
       

      八潮市の個人情報保護審議会は?

      2007.04.11 Wednesday

      0
        <学力テスト>小6も番号方式…個人情報の保護で文科省
                         4月10日19時24分配信 毎日新聞

         今月24日、小6と中3の全児童・生徒を対象に行われる全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で、文部科学省は10日、小6向けの解答用紙に名前の代わりに番号を記入する「番号方式」を例外的に認めることを明らかにした。同方式は個人情報保護などのため、一部自治体などから要望があった。
         氏名記入欄がそもそもなく、個人番号で識別する中3とは異なり、小6の解答用紙は氏名記入欄があった。番号という「匿名」のテストに慣れていない小学生の戸惑いに配慮したという。
         しかし昨年、本番と同様の予備調査を行ったところ、家庭の状況などを記入する項目に「家に何冊本があるか」「家の人と一緒に旅行に行く」などプライバシーにかかわる設問があった。さらに、調査の発送・回収、採点などを民間企業(調査の発送作業などは、ベネッセコーポレーション(本社・岡山市)が小学校、NTTデータ(同・東京都江東区)が中学校を担当する。)
        が行うことから「個人情報保護に問題が出る恐れがある」などと指摘された。
         このため、文科省は今年3月に方針転換し、市町村の個人情報保護審議会から「氏名記入に支障がある」と指摘された場合などに限って、例外的に番号方式も認めることにした。 


         こういうニュースが流れてきましたが、八潮市の個人情報保護審議会はどう判断するのでしょうか?この問題については、3月議会の一般質問でも取り上げられ、私のところにも小学生の保護者からも「個人情報保護上問題ではないか」といった疑問が複数寄せられています。

         個人情報保護審議会は形式的には召集は会長が行なうことになっていますが、実態は会長の判断で審議会が召集されることは、他の審議会同様、ありえない。となると、事務局を担当する職員の個人情報に対する認識度によって、審議会を開催するかどうかが判断されてしまいます。更に、仮に審議会を開いたところで、個人情報についての認識が薄い委員ばかりだとすれば、「氏名記入が何で支障があるのか?」という問題意識さえない場合だってあり得ます。地域格差をなくすためにも、国がきちんとした統一見解を出すべきではないでしょうか。

         とりあえず文科省が、例外的にせよ「番号方式」を認めたので、今日「八潮市情報公開・個人情報保護審議会]の多田八郎会長宛てに、審議会の開催のため委員を招集するように要望するつもりです。召集し、審議を行わない場合は、その理由について文書での回答も求めるつもりです。