えみこ日記

明日は「協働契約モデル条例案から考える、行政との協働セミナー」に参加します

2017.02.13 Monday

0
    八潮市でも協働事業が実施されていますが、長年、何かちょっと違うな〜と疑問を持ち続けていました。

     協働事業の実施の際の契約には委託契約や請負契約が転用されていることが多いのですが、本来、行政と住民、NPOが対等のはずなのに、何か上下関係に陥っているような気がしていました。

     言い換えれば、「協働の名の下に、体よく安上がりに人を使っているような」、そんな感じがしていました。

     たまたま、その疑問解決の手がかりとなるかもしれないセミナー「協働契約モデル条例案から考える、行政との協働セミナー」が、明日開催されると知り、即座に申し込みをしました。

     セミナーの案内には、「公益財団法人日弁連法務研究財団の研究班から「協働契約」という新たな契約類型を定めるモデル条例案を提案し、これを題材に、行政との協働についての現状と課題を明らかにするとともに、条例案を作成する際のプロセスや留意点を考えるセミナーを開催します」とありました。

     主催は日本弁護士連合会、共催は公益財団法人日弁連法務研究財団で、しかも無料です。10時00分〜14時00分 (休憩 11時30分〜12時30分)

     参加対象:地方議会議員の方、自治体職員の方、市民の方及び弁護士

     内容・講師

    【講演1】 「協働契約とは」 (45分)
     [講師] 真山 達志教授 (同志社大学政策学部教授)

    【講演2】 「協働契約モデル条例案について」 (45分)

     [講師] 常谷 麻子弁護士 (和歌山弁護士会)

    【パネルディスカッション】 (90分)

     [パネリスト] 真山 達志教授

    町山 幹男氏 (浦安市企画部協働推進課長)

    原 美紀氏 (「新しい協働を考える会」代表)

    常谷 麻子弁護士

     [コーディネーター] 幸田 雅治弁護士

    (法律サービス展開本部自治体等連携センター条例部会長、第二東京弁護士会)

     しっかりと学び、八潮の協働事業を真の意味での協働事業にするために、提言していきたいと思っています。

    2017年度政府予算分析セミナーに参加します

    2017.02.12 Sunday

    0
       今日は、毎年2月に開催されている「政府予算分析セミナー」に参加します。講師は地方自治総合研究所研究員の菅原敏夫さんです。

       このセミナーは自治体議員、労働組合役員、自治体職員等を対象にしている企画なので、それぞれの立場からの質問が聞けて、とても参考になります。

       すでに新聞報道されていますが、昨年暮れに閣議決定された、国の2017年度予算案の枠組みでは、一般会計の総額は97・5兆円程度で、高齢化で医療や介護などの社会保障費が延びている為、2016年度の当初予算より7千億円強増え、5年連続で過去最大を更新。足踏みする景気の影響で、税収は約1千億円増の57・7兆円にとどまり、「借金頼み」の状況が続くとのことです。

       これらのことが地方財政に与える影響等々、しっかりと学び2月27日から開会予定の3月議会で、議論できればと思っています。

       財政には弱いことを自認している為、繰り返し学ぶことによりカバーする意味もあり、財政関係のセミナーや研究会には時間が許せば必ず出席して学ぶようにしています。

       例年ですと、議員有志でやっている「奈良女子大名誉教授の沢井先生との財政研究会」や[地方×国政策研究会]の財政セミナーに参加していますが、今年はJIAMの研修や人間ドッグ検診と重なり、両方とも諦めました。

       この後の予定では、16日〜17日と地方財政セミナー、23日の市川房枝記念会主催の「2017年の国の女性関係の予算を聞く会」等、財政関係のセミナーがあり、すでに申込みしています。

       皆様の貴重な税金を1円たりとも無駄にせず、有効に使うために、まずは勉強しなければ…と思っています。

       明日13日は、3月議会上程予定の議案説明会、そろそろ議会モードに切り替わります。

      言葉より行動を!

      2017.02.07 Tuesday

      0
         昨日、思い立って、映画「未来を花束にして」を観てきた。

         午前中の代表者会議の予期せぬ結果に打ちのめされていたが、20世紀初頭に女性参政権を求めて戦った女性たちの苦難を描いたこの映画に、多くの勇気をもらった。

         改めて、歴史を変えるのは女性であり、マイノリティの側から声を上げるしかないと思った。だって、優位にいる側は、それが当然だと思っているから変えようなんて微塵も思わない。差別に苦しむ側は、「同じ人間なのになぜ?おかしい?」と感じて、それを変えようと行動に出る。

        「何度も絶望の淵に陥りながらも、行動することを止めず」遂に女性参政権を獲得した彼女らの姿に、今の議会の自分を重ね合わせた。

        「ここであきらめてはいけない!」そんなメッセージをもらったような気がした。

         映画の最後に各国の女性参政権が認められた年の一覧が表示された。

         何と、サウジアラビアは2015年で、ついこの間のことです。これには衝撃を受けた。

         この映画の舞台イギリスは、1918年に30歳以上の女性に制限選挙権が、1928年に男女平等による普通選挙が実現しているから、それから約90年後にして初めてサウジアラビアの女性に参政権が与えられたことになる。

         この映画は、投票に行かない多くの若者に観てもらいたい。参政権を得るために戦った多くの女性がいたことを知ってもらいたい!