えみこ日記

6月議会一般質問通告は16名

2020.06.03 Wednesday

0
    昨日は、6月議会一般質問通告の締め切りでした。今回通告したのは16名でした。
    6月議会の一般質問は、コロナウイルス感染予防のため、答弁を含めて一人30分と通常よりも時間が半分になり、1時間の時でさえ時間が足りないことがしばしばあり、質問をかなり絞って通告しました。予想通り、コロナウイルス関連の質問が、多く見受けられます。

    吉川市議会では、一般質問は3月議会の時同様文書質問となったが、コロナ関連については全員協議会で執行部から説明を受けることになったそうです。どちらの方式がベターなのか、迷うところです。

    一般質問は、15日、16日、17日の3日間行われますが、私はくじの結果、17日の朝一番(10時から)になりました

    通告した内容は以下の通りです。

    1.新型コロナウィルス感染症関連対策について
    以下9項目について、市の考えをお聞きします。

    /祁織灰蹈淵Εぅ襯拘鏡症の拡大の影響によって、失業・失職・収入が大幅に減少した方々を、会計年度任用職員として緊急に雇用することについて

    八潮市はひとり親家庭等の児童扶養手当受給世帯に市独自で1人2万円給付を行うこととしましたが、第2段階の支援として、対象を住民税非課税世帯に拡大して追加給付を行うことについて

    社会福祉協議会による生活資金緊急貸し付け(緊急小口資金、総合支援資金)、および自立支援事業の住居確保給付金の対象者に対し、それぞれの期限経過後においても収入が回復できない場合、市費で貸与または給付の制度を作ることについて

    2020年度中の水道料金の基本料金を免除することについて

    ト潮市災害見舞金等支給条例を早急に改正し、新型コロナ感染症拡大を「災害」と位置づけて、市内の感染者に対する見舞金を遡及適用して支給することについて

    2020年度中の学校給食費を無料とすることについて

    Ш濛隹雜遒砲いて家族が感染した場合、介護利用者および同居家族全員が迅速にPCR検査を受けられる体制を整え、必要に応じて介護利用者を一時的に受け入れるための宿泊施設の確保について

    ╂邯市は、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減少した中小企業に対し、市独自で20万円を支給すると発表(対象は国の持続化給付金の対象外になる事業者で、売り上げ減が前年同月比50%未満だった中小企業やNPO法人、社会福祉法人など、給付金の対象から漏れた事業者の支援)しているが、八潮市での実施について

    小中学校のオンライン授業の実施を見据えて、タブレット(パソコン)端末を市が購入し、児童生徒へ貸与することについて