えみこ日記

今更ながら改造する方法があれば、教えて欲しい!

2019.12.30 Monday

0
    今日、明日で2019年も終わりです。ついこないだお正月を迎えたと思ったら、もう大晦日。歳をとるにつれて、1年が早く過ぎていくように思います。

    皆さまのお宅では、暮のお掃除は済みましたか?我が家では、昨日までは予定通り順調に進んでいましたが、力みすぎて疲れがどっと出てしまい、体のあちこちが痛くなり、少し遅れ気味です。

    夫が現役の頃は、年末も遅くまで仕事でほとんど留守だったので、私の都合だけで動くことが出来ましたが、今は、普段は仕事で留守なのに、年末年始はどっぷり家にいることが多くなり、これがある意味私のスケジュール通りにいかない障害となっています。

    一般的に、普通は年を取ると朝早く目が覚めるのですが、夫はその日によって起きてくる時間がまちまち、8〜10時の間なら早い方、時にはお昼過ぎて起きてくることもあり、いつまでも朝食が片付かないのです。

    昨日も、「年末は忙しいから早く起きてね!」と念を押していたのに、起きてきたのは11時過ぎ。その上、早く済ませて欲しいと思っているのに、新聞を読みながら朝食取り始めた夫に、私のイライラも頂点になり、遂に「新聞か食事か、いい加減にどっちかにしてよ!」と、空気を読めない夫に怒鳴ってしまった。

    食事をしている間に掃除機をかけるのも気が引けるので、その間は、待つしかない。こういう時間がロスとなり、予定通り進まない要因でもあるのです。

    夫が食事をしている間に、買い物でもと出かけ、帰ってきたら、食器は洗い桶に入れたまま、残った料理は冷蔵庫に入れてはありますが、テーブルも拭いておらず、それを見て、またイライラ、「自分の食べた食器位、洗っておいて!何度言ったら…」と、言いそうになったがグッとこらえた。

    正直言うと、夫には「年末は、どこか温泉でも出かけてくれれば・・・」と、思うのですが、私と違い、旅行はあまり好きでないのか、仕事以外はほとんど出かけません。そうかといって掃除を手伝うわけでもなく、家の中にたむろしていて、思い立ったように自分の書斎を片付け始めたと思ったら、出したごみはそのまま放置、片付けるのならごみの始末まできちんと完結して欲しいのに・・・本当に困っています。

    娘に話したら、「お母さんだけでなく、日本中の妻たちがみんな同じように感じているかも・・・」と、さらに「だから結婚したくなくなる」と言う。確かに一理ある!

    それでも私は「お父さんのような男ばかりではない。第一、私の父親の狭山のおじいちゃんはとてもまめな人だったし、今の若い人だって子育ても家事も分担する男性は、多分沢山いるだろうし、共稼ぎだったら、分担しなくてはやっていかれないから・・・」と反論した。

    私のイライラを何とか防止するためにも、夫のような男を改造する方法はないものでしょうか?