えみこ日記

一般質問を通告しました。引いたくじは何と9月議会に引き続き1番でした。

2019.12.03 Tuesday

0
    12月議会の一般質問は16日、17日、18日の3日間です。引いたくじが1番の為、私は16日の10時に登壇します。お時間の都合がつく方はぜひ傍聴においで下さい。

    通告した内容は、以下の通りです。

    質問事項1 災害対策について

    1 防犯灯の管理 
     台風19号の翌日、防犯灯の根元の腐食による倒壊があったと市民から連絡を受け現場を視察しました。以下2点について伺います。                  
    〇堝發遼蛭氾瑤凌
    ∨蛭氾瑤猟蟯的なチェックはどのように行っているか。

    2 市のHPでの情報発信 
    〆匈音のHPの更新が遅いというクレームが届いています。刻々と状況が変わる災害時のHP更新は、スキルのある職員が専門的に担うべきだと思いますが、お考えをお聞きします。

    3 避難所の備品の充実
    |淵棔璽襯戰奪函 
    ▲廛薀ぅ丱掘爾鮗蕕訝綢悗用テントや「テント」型間仕切り整備
    0榮絢阿離肇ぅ譽肇譟璽蕁芝枷          

    質問事項2 犯罪被害者支援条例の早期制定について                  

    7月18日、京都市伏見区京アニガソリン放火殺人事件で、才能のある若い社員の69人が被害に遭い、うち36人が死亡、被疑者を含む34人が負傷するという大惨事となりました。この事件の負傷者や遺族が京都府や兵庫県、静岡県などいくつかの自治体に分散していたため、犯罪被害者支援条例の有無によって被害者等への支援に格差が生じているそうです。被害者の遺族が住む静岡県菊川市では、「支援は条例が前提」として、事件後に条例つくりに取り掛かっているとの報道がありました。
    1.6月議会での私の一般質問で、八潮市は条例の必要性を認めていますが、その後の進展について伺います。

    質問事項3 市職員募集に「氷河期枠」を設けることについて

    11月26日、政府はバブル崩壊後就職難だった30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代の就労支援に向け国家公務員の中途採用枠で重点的に採用することを決めていますが、いち早く氷河期世代の職員採用を決めた宝塚市の募集では、北海道から沖縄まで全国から応募が殺到し、一次試験となる筆記試験は1600人余りが受験し、面接試験やグループワークなどの選考過程を経て、4人が内定し、そのうちの3名の記者会見の様子が報道されました。最終的な倍率は400倍だったそうです。
    この取り組みは、兵庫県三田市、和歌山県でも実施しており、千葉県鎌ケ谷市も年明けから募集を開始するそうです。八潮市でも「氷河期枠」を設けて募集をすることについて市の見解を伺います。

    質問事項4 職員・教職員、被扶養者へのマイナンバーカードの一斉取得の推進について

    1.10月末時点のマイナンバーカード申請・取得状況把握報告(職員・教職員、被扶養者の人数とそれらの割合)は、国にどのように報告しましたか。
      
    2.11月25日の朝日新聞に「国家公務員らによるマイナンバーカード取得を進めるため、各省庁が全職員に対し、取得の有無や申請しない理由を家族(被扶養者)を含めて尋ねる調査を行っている」との報道があった。「マイナンバー法でカードの取得は任意なのに、記名式で家族の取得しない理由まで聞かれ、取得を強要されていると感じた」との不安の声もありました。以下、2点についてお聞きします。

    々颪両閉(総務省、文科省)から県を通じて、「取得しない理由」の調査依頼は届いていますか。

    ∈8紂仮にそのような調査依頼があった場合の対応について伺います。