えみこ日記

議会事務局研究会設立10周年記念第6回シンポジウムのご案内

2019.08.27 Tuesday

0
    今年も以下のシンポジウムが開催されることを知りました。参加したいけれど、今年はあいにく予定が入っており参加はできないことが残念です。以下、情報共有いたします。

    議会事務局研究会設立10周年記念第6回シンポジウム

    テーマ:今、改めて議会の存在意義を問う〜二元代表制の空洞化への懸念から
    議会改革という言葉が一般的になってきた昨今。現実は、改革が必要な議会ほど何もせず、改革議会との距離は広がる一方である。そもそも改革とは何なのか。議会は本来の使命を果たしているのか。事務局は議会を支えているのか。首長与党と呼ばれる会派が議会の過半数を握った時、議会は本来の存在意義を発揮できるのか。見えてくるのは、会派の存在。自治体議会の規模の違いを踏まえ、議会事務局研究会設立10周年を迎えて、今、改めて議会の存在意義を問う。

    日時:2019年8月31日(土)13時15分〜17時(受付は12時50分〜)
    場所:大阪大学中之島センター(10階ホール)
    大阪市北区中之島4-3-53
    https://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
    参加費:シンポジウム 議員3,000円、議員以外1,000円、学生は無料
    交流会:5,000円(場所:同会場2階 カフェテリア スコラにて17:30〜)
    ※支払いは当日現金払いのみ
    定員:シンポジウム150名、交流会70名
    申込:
    Web申込・・・https://kokucheese.com/event/index/570706/
    FAX申込・・・当ページ下部に掲載しているチラシデータ(PDF)をダウンロードしてください。
    内容:

    〇基調挨拶
    駒林 良則(立命館大学教授) 研究会活動を通じて

    〇基調講演
    辻 陽(近畿大学教授) 地方議会の岐路〜交わらない議会改革論〜

    〇研究発表1
    皺 秀宣(三重県地方自治研究センター上席研究員)大規模自治体議会改革調査結果

    〇研究発表2
    岡田 博史(京都市行財政局資産活用推進室長) 第二議会構想について

    〇パネルディスカッション
    テーマ:議会事務局は何をどこまでできるのか〜議会、委員会、会派活動別に
    パネリスト
    ・林 晴信(西脇市議会議長)
    ・宮下 裕美子(月形町議会議員)
    ・杉山 智博(大阪府議会事務局)
    ・清水 克士(大津市議会議会局)
    ・西川 明広(寝屋川市議会事務局)
    コーディネーター 谷畑 英吾(湖南市長)