えみこ日記

候補者男女均等法って?狃性議員もっといないとあかん!”第二弾は無事終了

2019.02.03 Sunday

0
    IMG_2045 (002).jpg

    市関連の行事も重なり、なおかつインフルエンザが猛威を振るっている中、何人の方が参加して下さるのかとても不安でした。それでも30人くらいの方が足を運んでくださいました。

    松田さんからは、議員になるまでの経緯や議員になってよかったこと等、お話しいただいた後で、参加者から質問や感想など、全員の方から話していただきました。一方的にお話を聞くのではなく、こうした参加型の集会には、このくらいの人数がちょうどよかったかも(?)しれません。

    IMG_2057 (002).jpg

    松田さんは「こんなに長い時間、話したことは初めてなので、とても緊張した」と言っていましたが、終始落ち着いた語り口で、これまでの人生体験を話されたので、聴衆者からも「これからも頑張って、さらに立派な議員さんになって」とエールが贈られました。

     私が「議員になってよかったことは?」と聞くと、「自分の質問で、色々なことが実現できること」「日常の中でおかしいと感じたことを、議会で質問することによって変えられること」と答えてくれました。

     議会は決めるところですから、多様な人が議員になることによって、多様な意見が反映されます。本当は男女だけでなく、障がいのある方も、非正規のかたも、年代の異なる方も、介護や育児中の方も議員になれば、より多くの方の意見が反映されます。その第一歩として、まずは男女の差が著しい議会を、男女半々にしましょう。

     参加者の方々の多くは、女性議員を増やすことに賛成の方が多かったように感じました。もちろん、女性なら誰でも良いわけではないから、市レベルでも人材育成講座などの開催が必要だと感じました。

     次の選挙では、女性議員を倍増することを願って、「議席の半分は女性!」のプラカードを持って、写真を撮りました。寒い中、お集まりくださった方々に感謝しています。

     朝日と東京の記者の方が、取材して下さったので、記事になるのではないでしょうか?

    51145468_2123106104432827_2481617956006526976_n.jpg