えみこ日記

今日は一日議案調査、明日は組合議会で一般質問します

2018.12.24 Monday

0
    昨年の改選後、東埼玉資源環境組合議会の議員になってからちょうど1年経ちました。ご承知のように東埼玉資源環境組合議会は、5市1町から選出された議員で構成されています。議員数は総勢24名ですが、越谷・草加市はそれぞれ6名、三郷・八潮・吉川・松伏は、それぞれ3名の議員が選出され、議会を構成しています。

    八潮市は、組合議員は選挙で選んでいますが、越谷市、草加市、三郷市は各会派から、吉川市は、担当の委員会から選んでいるようです。松伏はどうだったっか…今度聞いてみます。

    各自治体によって選挙日が異なり、選挙の結果で組合議員の人事が左右されるため、これまで毎議会、新しい議員の紹介があります。その度に、私は、組合議会の様子がようやくわかるころに交代では・・・腰を据えて、ごみの減量化など真剣に向き合うことはできないのではないかと感じています。

    なぜ、こんなにくるくる交代するのか・・・それは組合議会の高額な月額報酬に原因があるように思います。この月額報酬を減額し、日当程度に大幅に減額したら、本当にごみの問題等に関心のある議員だけが集まるような気がします。

    高額な報酬って一体いくら?
    これについては、組合議会の例規集に掲載されています。

    ○東埼玉資源環境組合議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例 昭和53年12月27日 条例第10号
    (目的)
    第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第203条の規定に基づき、議会の議長、副議長及び議員の議員報酬及び費用弁償等に関する事項を定めることを目的とする。
    (議員報酬)
    第2条 議長、副議長及び議員の議員報酬は、次のとおりとする。
    (1) 議長 月額 43,400円
    (2) 副議長 月額 38,700円
    (3) 議員 月額 37,600円

    (期末手当)
    第4条の2 議長、副議長及び議員で6月1日及び12月1日(以下これらの日を「基準日」という。)に在職する者に、期末手当を支給する。これらの基準日前1箇月以内に任期が満了し、辞職し、失職(公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項各号(第1号を除く。)又は同法第252条の規定に該当する場合を除く。以下同じ。)し、除名され、死亡し、又は議会の解散により任期が終了した者(これらの基準日において、この項前段の規定の適用を受ける者を除く。)についても同様とする。

    2 期末手当の額は、それぞれの基準日現在(前項後段に規定する者にあっては、任期が満了し、辞職し、失職し、除名され、死亡し、又は議会の解散により任期が終了した日現在)において議長、副議長及び議員が受けるべき議員報酬の月額及びその月額に100分の20を乗じて得た額の合計額に、6月に支給する場合においては100分の212.5、12月に支給する場合においては100分の227.5を乗じて得た額に、基準日以前6箇月以内の期間におけるその者の在職期間の次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める割合を乗じて得た額とする。
    (1) 6箇月 100分の100
    (2) 5箇月以上6箇月未満 100分の80
    (3) 3箇月以上5箇月未満 100分の60
    (4) 3箇月未満 100分の30

    議長とか役職がない普通の議員でさえ 37,600円×12ヶ月=45万1200円と期末手当分19万8528円の合計で、年間64万9728円が支払われます。

    年4回(日)の議会、しかもせいぜい2〜3時間の議会に出席すれば、64万9728円を手にすることができるのです。こんなおいしいポストだから離したくないのは当然で、八潮市の場合は長らく大会派と公明党だけで会派内で分け合っていました。八潮市議会が、今のように選挙で選ぶ方式にしたのは、私の「鶴の一声の」がきっかけでした。このことについては、当時、埼玉新聞が次のように報道しています。

     埼玉新聞、2004年9月23日(木)の記事から

     二十一日閉会した八潮市議会で、慣例で議長のあて職だった一部事務組合「東埼玉資源環境組合議会」の議員が、議事のハプニングから急きょ投票となる珍しい事態となった。議長のあて職に疑問を持つ女性議員の「異議あり」の一声がきっかけだった。先例を重視する議会で、二十年以上続いてきた慣例が議員のたった一声で破られた。

     八潮市議会は、一九七九年の議会の申し合わせで、八潮市選出の組合議員三人のうち一人分は、議長のあて職とし、議長に就任すると自動的に組合議員となっていた。ほかの二人は投票で決める。

     九月定例議会最終日の二十一日は、一年務めた議長が慣例で辞職し、新議長に飯山恒男議員=自民クラブ=が選出され、組合議員になることが予定されていた。

     飯山議長は、予定通り組合議員をあて職にすることに異議があるかを本会議に諮った。議事スケジュールでは「異議なし」との議場の声で議長が「異議なし」と認め、組合議員に就任するはずだった。

     ところが、矢澤江美子議員=市民と市政をつなぐ会=が「異議あり」と一声。議会事務局によると、この場合、異議に対して賛成か反対かを議員に諮るのが順序。

     しかし、予想していなかった「異議申し立て」で、議事が混乱。この可否を飛ばし、飯山議長は、投票で組合議員を決めることを諮ってしまい、議員の多数が賛成したため投票となった。

     投票の結果、飯山議長が選ばれたが投票を実施したことでこれまでの慣例がストップ。議員選挙を経て開かれる来年の九月議会で、改めて対応を話し合う。

     矢澤議員は「ごみ処理を扱う組合の議員は、忙しい議長ではなく、意欲や関心のある議員が投票で選ばれるのが本来の姿。これを機会に議長のあて職にすることはやめるべきだ」と話している。



    こんな高給の仕事はめったにありません。時給換算だったらいくらになるでしょうか?しかし、その原資は、各構成市町にお住いの皆様の税金です。

    そもそもごみの処理は、本来、域内処理といって「自分の自治体から出したごみは自分の住む地域で処理する」のが原則です。しかし、各自治体でそれぞれが焼却場を作るのは非効率でお金もかかるからと複数の自治体で処理をすることになり、5市1町で共同して処理をすることになったわけです。

    仮に、自分の住む町に焼却場があれば、組合から支給される報酬はなく、その分も含めた報酬が自分の住む自治体から支給されるだけです。八潮市の議員報酬は 395,000円/月ですが、その中にはごみの処理分も入っているわけで、別報酬が出るわけではありません。

    私は、このような組合議会の高額な報酬は、廃止すべきだと思っています。仮に報酬を出すとしても月額でなく日当程度の額にすべきです。

    また、組合には管理者(越谷市長)、5人の額に理事(各市町の首長)に給料が出ています。

    ○東埼玉資源環境組合管理者、理事及び副管理者の給与等に関する条例 平成3年3月27日 条例第5号
    埼玉県東部清掃組合助役の給与に関する条例(昭和49年条例第6号)の全部を改正する。
    (目的)
    第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第204条第3項の規定に基づき、東埼玉資源環境組合管理者、理事及び副管理者(以下「管理者等」という。)の給与及び旅費に関する事項を定めることを目的とする。
    (管理者等の給与)
    第2条 管理者等の受ける給与は、給料及び期末手当とする。
    (給料)
    第3条 管理者等の給料は、次のとおりとする。
    (1) 管理者 月額 105,200円
    (2) 理事 月額 87,500円
    (3) 副管理者 月額 782,000円

    例えば大山理事は、87,500円×12ヶ月=105万円 期末手当 87,500円×1.2×4.4ヶ月=46万2000円
    合計151万2000円を、八潮市からの給料の他もらっています。もちろんこの原資も市民の税金からです。

    副管理者は常勤の職員なので、この金額は納得できるとしても、管理者、理事は自分の自治体からもらう給料の他、これらの金額をもらう妥当性があるでしょうか。

    例えば、八潮市長の給料は、本来月額 905,000円ですが、市長等の給与等に関する条例 昭和44年3月27日 条例第7号により、20%減額し72万4000円になっていますが、4年毎に支払われる退職金は、減額前の金額で計算されています。

    給料の減額をしているのは、財政難だから・・・との理由で減額しながら、組合から別報酬をもらっているわけです。むろん、八潮市長ばかりではないけど・・・なんかおかしくありません?

    私は管理者、理事等の高額な給料も減額し、日当程度でいいのでは…と思っています。

    ちなみに、東京二十三区清掃一部事務組合では、管理者等の報酬は、支給していません。議員報酬も東埼玉資源環境組合よりも低くなっています。個人的にはこれでも高いと思います。
    (報酬)
    第2条 管理者等に対する報酬は、支給しない。

    (議員報酬)
    第2条 議会の議長、副議長、委員長、副委員長及び議員の議員報酬は、次のとおりとする。
    議長 月額 二八、五〇〇円
    副議長 月額 二四、三〇〇円
    委員長 月額 二二、九〇〇円
    副委員長 月額 二〇、七〇〇円
    議員 月額 一九、四〇〇円

    明日は、これらの報酬について見直しをすべきと一般質問の予定で、本日はその準備のため自宅で調査に専念いたします。皆様は、これらの報酬については、どうお考えでしょうか?