えみこ日記

突然の訃報に呆然としています

2018.11.08 Thursday

0
    松戸市議会議員の中田京さんの突然の訃報に、ただただ呆然としています。

    京さんは、歳は私よりも若いけど、1994年7月から千葉県松戸市議会議員で、現在7期目の現職議員です。途中、首長選にも確か・・・2度ほど挑戦しました。

    議員になる前には、8年もの間、議会傍聴を続けていたと伺っています。その経験を生かし、無党派の一人会派として自由な市民の立場で活動されて来た方です。

    私と同じく全国フェミニスト議員連盟のメンバーで共同代表を務めた後、現在世話人となっています。定例の世話人会の帰り、途中まで電車が一緒だったこともあり、良くお話をしました。

    また、彼女が中心となって、元奈良女子大教授の沢井先生を招いて財政研究会なども開いていたので、時々参加させていただいたり、女性議員だけの視察等も計画して下さり、勉強させていただきました。最後に一緒に視察したのは、秋田県の学力向上施策と藤里町社協のひきこもりについてでした。

    この11日から松戸の市議選が始まりますが、「私より年上なのに矢澤さんは偉い!私は気力がなくなったので、次は出ないつもり」と、話していました。ただ、「同僚議員には、次は出ないことは黙っていて!辞める時はひっそりと消えたいので・・・」とも。本当にその通りになってしまいました。

    14年前にパートナーを亡くされ、ついこの間「あれから14年…」とfacebookにも書いていました。お子さんはいなかったけど、動物園や博物館が大好きで、よく動物園の写真をfacebookに載せていました。
    どちらかというと辛口の意見をビシッと言う方でしたが、心根はとても優しい方でした。

    私も経験がありますが、無党派の一人会派という立場で、長く議員活動を続けることは、とても大変ですし、苦労が沢山あります。数がものをいう議会では、どんなにおかしいことでも多数決で通ってしまうので、そういう中で、長年、闘い続けてきたことから、体が音を上げたのかもしれません。

    京さん、長い間本当にお疲れ様でした。最愛のパートナーのところで安らかにお休み下さい。

    合掌