えみこ日記

すごい反響!すでに第一目標額達成!

2018.10.27 Saturday

0
    今月24日に始まった「東京医科大学入学試験での性差別的な得点操作による被害者の救済と再発防止を目指して結成された弁護団の活動費用を募るクラウドファンディング」が、当初の目的の金額をわずか数日で達成し、新たな目標金額を設定しています。

    すごい!それだけ反響が高いということだと思います。第二の目標金額は5,000,000円。今朝の段階で、既に3,990,000円を超えており,期間もまだ62日も残っているので、おそらく達成は時間の問題だと思います。

    2018年8月、東京医科大学入試を巡る文科省官僚の汚職事件をきっかけに、一般入試における二次試験において「女性」であることを理由に一律20点の減点を行う性差別的な得点操作が行われていたことが明らかとなりました。

    その後、他大学の医学部でも同様な差別が行われていたことが報道されています。

    最初、この東京医大のニュースを目にした時は、絶句すると同時に、怒りがこみ上げてきました。数日後、SNSで東京医大の前で抗議行動が行われるということを知りましたが、あいにく用事があり、参加できなかったので、何か支援ができないものか…と考えていました。

    なので、このクラウドファンディングが立ちあがったことを知り、私もわずかですが寄付させていただきました。

    ちなみに、後で知ったことですが、私の娘は、この抗議行動に参加したそうです。

    さすが、わが娘とほめてやりたい!

    構成された弁護団のメンバーは普段、別々の法律事務所に所属し、弁護士としての活動をしているそうですが、共通点は、日頃から性別、宗教、国籍、社会的地位、経済状況、障害などなんらかの理由による「差別」を解消するための活動にそれぞれが取り組んでいる方々とのことで、女性が多いことも頼もしく思っています。

    憲法には男女平等が謳われているにもかかわらず、性差によってこんな差別があることは断じて許せないし、あってはならないことです。

    今後、裁判の行方を見守り、性差別のない世の中にしていきたいと思っています。

    関心のある方は、このクラウドファンディングプロジェクトにご参加ください。寄付をすれば、定期的にニュースが送られてくるそうです。一口5,000円からできますので、寄付は強制するものではないけれど、あなたも一口いかがでしょうか。