えみこ日記

平成最後の終戦記念日

2018.08.15 Wednesday

0
    今日は、73回目の終戦記念日。

    来年の退位を控えた天皇陛下にとっては、最後の追悼式への出席となります。国民の象徴として戦没者を悼み、平和を願い続けてきた陛下の「おことば」も注目されるところです。

    ここ数日、各新聞に戦争の悲惨さを伝える記事が目立っています。私は戦後生まれなので、戦争の実体験はないので、意識的にそういった報道や、様々な映像を通して、学ぶようにしています。また、亡き母が私たちに語り伝えた戦争体験を、子どもたちにも語り伝えるように心掛けています。

    さて、話は変わりますが、我が家の長女は今日が誕生日です。出産予定日は8月1日でしたが、逆子で早産になりそうだったので、予定日よりも2ヶ月前に入院し、絶対安静でベットの上で過ごしました。

    そのせいかどうかは分かりませんが、予定日になっても一向に生まれる気配がなく、看護師さんは「お母さんのお腹の中の居心地が良いのでは・・・」と、来るたびに、冗談を言うほどでした。

    結局、最後まで逆子はなおらず、4回の出産経験の中で、一番大変なお産になってしまいました。無事に生れた時は本当に感動しました。今でもその時のことははっきり覚えていますが、お産は病気ではないけれど、毎回、違うので侮ってはいけないのです。

    ただ、長女が終戦記念日に産まれたことは、偶然ではなく、運命的なものを感じます。

    その娘から、昨夜メールがあり、16日に帰ってくるそうです。

    亡くなった私の母は、私が実家に帰ると、沢山のごちそうを用意して待っていました。「普段、何でも好きなものを食べられる時代なので、大変だからそんなに色々用意しなくてもいいよ」と、事前に伝えても、同じでした。そして帰り際には、抱えきれないほどのお土産を用意していました。

    「親はいくつになっても親」だと、母と同じ行動パターンを繰り返す自分を振り返って、しみじみそう感じます。

    所用があり、朝早く出かける予定でしたが、【環境省発表】 9時の暑さ指数が、危険(★★★★) 暑さ指数31.1とあったので、予定を変更し,家で仕事をします。

    晩は、所属している「全国フェミニスト議員連盟」の世話人会に出席します。

    今日も一日、熱中症に気をつけて過ごしましょう!