えみこ日記

今日から一般質問

2018.06.15 Friday

0
    6月議会も一般質問、採決を残すだけとなりました。

    今日から3日間(土日は休会)一般質問です。今日の登壇者は福野議員、鈴木議員、大泉議員、鹿野議員、前田議員の5人です。

    今議会では21人の議員のうち15人の議員が通告しています。一般質問は市政に関することなら何でもOKとなっているため、とても貴重な機会なので、私は毎回、欠かさず行っています。

    私の登壇日は、19日(火)の2番目、10時半頃(?)からです。お時間のある方はぜひ傍聴においでください。

    八潮市議会では正副議長、議選の監査委員は、なぜか申し合わせで一般質問はしないことになっています。歴代の正副議長、監査委員の中から見直しの声もあえて出ないため、この申し合わせが続いているのでしょう。

    さて、昨日は、八潮市議会の議会改革度についてブログに書きましたが、なんと昨日のアクセス数は896と久々に500を大幅に更新しました。ブログの中で、岩倉市議会のことに触れていますが、この岩倉市議会では議選の監査委員も6月議会で一般質問をしていました。

    私の所属しているMLには、ここ数日、公開の審議会を傍聴し、その情報を町内会で伝えたら、「謝罪文を書け、謝罪しないなら一般質問をさせない」などと、古参議員がパワハラまがいに新人議員を追い詰めている某議会のことが流れてきました。

    さらに、この問題を非公開の議運で、会期中何度も協議しているそうで、本当に市民感覚からずれている議会が多いんだな…と感じています。

    昨日も書きましたが、議会改革度4年連続第1位は北海道芽室町議会で、芽室町は、人口18,671人の小さな町です。議員定数は15ですが、一人欠員で現在14人。女性議員は3人います。

    議会改革度は、必ずしも人口の多少に比例しないという一例です。一度、この芽室町議会の方と全国市民オンブズマン岩手大会でお話した時に、「芽室町議会は素晴らしい取り組みをしていますね」と誉めたら、「いや、まだ、まだです」と応えていました。

    この不断の努力が、4年連続改革度ナンバー1につながっているのかもしれません。いつか一度訪ねてみたい議会のひとつです。