えみこ日記

ウイメンズマーチ2018

2018.03.07 Wednesday

0
    2DSC06537マーチ国会前.jpg

    この写真は昨年の3月8日の「ウイメンズマーチ東京2017」に参加した時の写真です。向かって右、私から2人目の方(東村山市議大塚恵美子さん)が猫の耳の形をしたピンクのニット帽(プッシーハット)をかぶっています。

    皆様は覚えているでしょうか?昨年、ドナルド・トランプの大統領就任式翌日の1月21日、アメリカ国内だけでなく、世界60カ国で、にほんでも、トランプ大統領に抗議する大規模なデモ「ウイメンズ・マーチ(Women's March) 」が行われました。 その時の参加者たちがかぶっていたのが、このプッシーハットです。

    Pussy Hat (プッシーハット)のプッシーは、”子猫ちゃん”という意味で女性を軽蔑的に呼ぶ「 Pussy Cat(プッシーキャット)」のプッシーと、「PUSSY(女性器)」のプッシーをかけたもの。

    トランプがテレビ番組のオフレコで、「有名人になったら、女のプッシーなんか掴み放題だ」と言ったことが女性蔑視だと、大統領選挙キャンペーン中に問題となりました。

    C3GbPLWXAAEaPBW.jpg
     タイム誌の表紙を飾ったプッシーハット

    このトランプの女性に対する差別発言を逆手に取って、抗議運動の象徴に仕立て上げてしまうところが、とてもすごいと思います。

    ピンクの目立つニット帽をデモでみんながかぶることによって、ビジュアル的にも強いインパクトを世界に与え、女性の権利を訴えるメッセージが世界中に広まることを意図しています。

    これからの運動には、こういったユーモアがあって、おしゃれでしなやかな感覚がとても大事だと思います。

    実は、今年3月8日のウイメンズマーチ東京2018に、このプッシーハットを かぶって参加したいと思っていましたが、(私の実母は編み物名人でしたが)私は不器用で、編み物ができないし・・・と思っていたら、友人がfacebookで、編み物が得意なお母様が編んで下さると聞き、早速注文しました。

    昨夜、プッシーハットが出来上がっているとの連絡をもらいました。
    ただ、8日は総括質疑、その後代表者会議等が入っている為、マーチの時間までに渋谷の国連大学前に行けるかどうか分からない。それと、仮に間に合ったとしても、目の手術をしたばかりで、視力の回復は徐々に良くなっていますが、長時間書類を見ていると段々見えなくなり、今日も一日自宅で議案調査を行っていますが、休み休み行っている状況です。

    3月は予算審査の議会、最優先しなければならないので、大事をとって今年のマーチは、諦めようと思っています。そんな訳で、私のプッシーハットのお披露目は、来年までお預けとなります。

    世界の動きに比べまだまだ規模が小さい日本のマーチですが、最近は徐々に声を上げる女性(男性も)が増えており、年々規模が大きくなっています。ぜひ多くの方に参加していただき、運動を盛り上げて欲しいと思います。

    それぞれの思いを書いたプラカードを持ち寄って一緒に歩くのもOKですが、主催者側でも当日用のプラカードを用意しており、下記の通り、セブンイレブンで手軽にプリントできるようになっています。

    DXb5jxUUMAIKu0f.jpg