えみこ日記

3月8日は国際女性デー 黄色のものを身に着けて参加しましょう!

2018.03.06 Tuesday

0
    IMG_4623ミモザの花.jpg
    ご近所のミモザの花

      明後日の3月8日は国連が決めた「国際女性デー」です。

      1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデモを起こしたことがきっかけで、1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱したことから、同年「国際女性デー」と制定されたそうです。

    イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚などに春を呼ぶ黄色のミモザを贈ります。このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになったそうです。

     実は、この国際女性デーにあわせて、クオータ制を推進する会(略称Qの会)主催で、「さぁ推進法成立へ!!」という院内集会を予定しています。

     会場は衆議院第一議員会館地下大会議室、時間は、11時半から13時半までです。

     赤松代表あいさつに続き、一橋大学大学院社会学研究科教授の中北浩爾氏の基調講演「推進法はなぜ必要なのかー政党政治のバージョンアップのために」、推進法案成立の実現に向けて各政党からの決意表明、賛同団体・参加者からのエール等などが行われることになっています。

     参加したいのは山々・・・ですが、この日は、3月議会の総括質疑の日。昨日、議案質疑を通告しましたが、通告枚数数が合計47枚もあり、どう転んでもこの院内集会開始時間までに終わらない。

     Qの会MLには、この日の準備のためのメールが行き交い、当日の参加はできないものの、何かお手伝いできることはないか・・・と考えた末、当日の会場にミモザの花を飾るお手伝いならできそうと思い立ちました。

     今年は寒さの影響で、ミモザの開花が遅れている中、ご近所のミモザの花が満開近く咲いているのを思いだし、事情を話して「分けていただくことはできないか」と尋ねたところ、快く対応して下さり、明日夕方に分けていただくことになり、それを秋葉原で待ち合わせするQの会メンバーに手渡しすることになっています。

     ネットで見た大田市場花き部仲卸協同組合情報では、「ミモザは、乾燥に弱いので、水上げを良くするために枝元をハサミで十字に割ったりするといい」とあったので、枝全体を風に当てないよう十分注意して持って行こうと考えています。幸い、明日の夕方は余り風が強くない予報になっており、ホッとしています。 

     平日開催のイベントで、しかも地方議会はいずれも議会開会中、大勢の参加者が集まっていただけると盛り上がるので、お時間のある方、ぜひ、何か黄色のものを身に着けて、この院内集会にご参加ください。

    なお、同じ8日の夜には「ウィメンズ・マーチ東京2018」が開催されます。

     19時に国連大学前(東京都渋谷区神宮前5-53-70)出発!→青山通りを表参道方面へ→都道413号線を左折して原宿方面へ→明治通りを左折して渋谷方面へ→神宮前六丁目の信号を斜め右方向へ→ファイヤー通りを南へ→渋谷駅前を左折して青山通り方面へ→国連大学前に戻ってゴール!(流れ解散)

     こちらもぜひ、ご参加ください。