えみこ日記

ここは天国???

2018.02.22 Thursday

0
    インフルエンザは軽く済み、ホッとしたのもつかの間、今度は花粉症が始まったようす。

    花粉症は、ここずっと悩まされていましたが、数年前に私にぴったりの薬に出会ってから、以前のように苦しまなくなっていました。要は、花粉の季節に入る少し前から、薬を飲んでアレルギーに対する免疫をつけるといった方法です。

    ところが、今年は目の手術やらインフルエンザなどの騒動があり、すっかり薬を飲むのを忘れてしまいました。昨夜、何だか鼻がムズムズしてくしゃみが出るわ・・・出るわ。まだ、インフルエンザが治り切っていないのか?と思ったが、どうやら花粉?のようでした。薬を飲んで一夜明けたら、鼻水も含めてすっかり治っていました。

    さて、昨日議会運営委員会が開催され、3月議会のボリューム一杯の議案も出てきました。手術した目の視力はまだ完全に回復していませんが、左目は完全に見えるので、議案審査には支障はないものと思います。

    手術した目の中に、まだガスが残っているため、丁度、目の半分に大きな水たまりがあり、その水たまりを介して見ているような感じです。医師の話では、ガスが段々減っていけば、この水たまりもだんだん小さくなり、いつか消えていくそうです。消えていくスピードは、個人差もあるようですが、遅かれ早かれいずれは消えて行くものなので、心配はないようです。

    手術中は局部麻酔をしていたので、痛みは全く感じませんでしたが、意識ははっきりとしている為、手術中の様子はすべてはっきりと覚えています。目の中に何か液体を結構ザーザーと注いだ時は、何だか海の中を回遊しているような不思議な感覚にとらわれました。最初の液体は確か茶色で、後の液体が緑?だったか・・・いずれにしても、それらが混じりあって、まるできれいな南洋の海の中を泳いでいるような・・・得も言われぬ感覚に陥りました。

    あんなに美しい光景は(一瞬、これが天国?かとも)・・・、今まで体験したことがなく、これは手術した人しか経験できない特権かもしれません。

    ただ、意識があることは、医者の会話もすべて聞こえてくるため、「カッター」「針」「糸」等の言葉が聞こえると、次はどんな処置をするのか・・・と、想像力が働き、ちょっと怖くなる場面もありました。

    私の病気は、数年前までは治療方法がなかったそうですが、今は手術ができるようになったため、お陰様で助かりました。一度、穴が塞がれば、再発は99,99%ないということなので、思い切って決断して本当に良かったと思います。

    昨日、一週間以上入院した場合に該当するとかで、私も会員の議員会(互助会のようなもの)からお見舞いをいただきました。議員会の皆さま、ありがとうございました。