えみこ日記

地方分権というのに・・・金太郎あめのような議会の傍聴規則

2017.12.02 Saturday

0
    昨日の神戸新聞の記事を読み、議会の常識は一般社会の常識とずれていると、改めて思った。

    神戸新聞記事は、以下に掲載させていただきます。

    熊本市議会で女性市議が子連れで議場に入ったことに関心が集まっている。「パフォーマンスでしかない」「ママたちの声を代弁してくれた」など、さまざまな意見が出ている。だが、あらためて議会の規則を見てみると、旧態依然とした内容や時代錯誤な表現が残っており、議会が社会の変化に対応できていないことが浮かび上がる。

     兵庫県議会では、議場に入れるのは、議員や議会事務局職員、理事者(幹部職員ら)、議会が求める関係者などに限られ、議員が連れてきた乳児は「傍聴人」の扱いになる。規定では傍聴人は「議場に立ち入ってはならない」とあり、議員と一緒に入るのは「原則、許可できない」という。神戸市議会にも同様の規定があり、乳児を連れて入ると、熊本市議会と同じく退場を求めることになるという。

    キャプチャkisoku.PNG

    実は、八潮市議会の傍聴規則もほぼ同じ内容です。これは、規則を作る際、市議会議長会などが作成した標準規則を参考に作られているため、おそらく多くの議会の傍聴規則も同様だと思います。

    私は、時代に会わない傍聴規則は見なおすべきと、今から5年前に当時の議長、議会運営委員会委員長、会派代表者宛に、「傍聴規則を改正し、傍聴者の住所・氏名の記入を廃止すると同時に、時代感覚に合わない規則を全面的に改正するよう」に申し入れを行っています。

    ところが、協議の場を設けるどころか、「議会の秩序を保つ上で必要なので、このままでいきたい」と、議会事務局から連絡をさせて、協議の場を設けることさえせず、結果、そのままの状態が現在まで続いています。

    しかし、山形県西川町議会では、平成25年に、今までの制限ばかり多かった議会傍聴規則を見なおし、簡素な規則に改正しています。

    ○西川町議会傍聴規則
    (平成25年3月14日議会規則第2号)

     西川町議会傍聴規則(平成12年7月議会規則第2号)の全部を改正する。
    (目的)
    第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第130条第3項の規定及び、西川町議会基本条例(平成25年3月町条例第13号)の理念に基づき、傍聴に関し必要な事項を定めることを目的とする。

    (傍聴人の定員等)
    第2条 傍聴は先着順とし、傍聴人の定員は50人とする。

    (傍聴人の責務)
    第3条 傍聴人は、傍聴席にあるときは、静粛を旨とし、議場の秩序を乱し、又は議事の妨害、示威的行為及び他の傍聴人の迷惑となる行為をしてはならない。
    2 傍聴人は、傍聴席において写真、ビデオ等を撮影し、又は録音するときは、議事を妨害し、又は他人の迷惑とならないようにしなければならない。

    (利便性の確保)
    第4条 議長は、町民の議会傍聴の利便性の確保及び傍聴意欲の高揚に努めなければならない。

    (議長の指示)
    第5条 傍聴人は、すべて議長の指示に従わなければならない。

    (違反に対する措置)
    第6条 傍聴人がこの規則に違反するときは、議長は、これを制止し、その命令に従わないときは、これを退場させることができる。

    附 則
    この規則は、公布の日から施行する。

    この西川町議会の傍聴規則の改正を知り、2013年4月3日のブログに「制限を撤廃し、簡素化された西川町議会傍聴規則」と題して書いています。よかったらこちらも読んでみて下さい。

    今、改めて、議会の傍聴規則を見なおすよう、申し入れを行いたいと思っています。