えみこ日記

立候補者事前審査提出書類、結構面倒です

2017.08.13 Sunday

0
     先月の立候補予定者説明会では、届け出に必要な書類一式が渡されています。その際、各立候補予定者には、書類審査の日時が渡されました。私は18日の10時50分から11時35分の間に市役所第二会議室にて審査を受けることになりました。

    提出する書類は、以下のようにざっと20枚あります。この書類の作成が結構面倒です。今までもほとんど自分で作成してきましたが、何しろ4年に一度のことですから、忘れてしまいます。なので、説明書を読みながらやっています。毎回、もっと簡素化できないのか…と思います。

    某政党などは、こういった書類一式も本人ではなく、党員がすべて準備してくれ、本人は神輿に乗るだけと聞いています。半分羨ましい面もありますが、自分の意思でなく党の事情で神輿に乗る候補者もそれなりの苦労があるようです。

    事前FullSizeRender (56).jpg

    提出する書類の中にはポスターや公選はがきもあります。ここ5回の選挙で作成した公選はがき、向かって左から若い順に並べてみました。私の最初の立候補は50歳の時です。こうして並べてみると、月日の流れをしみじみと感じます。

    FullSizeRender (60)kousennhagaki.jpg

    先日、お会いした方が「矢澤さんはちっとも変わらない」と言っていましたが、これは、次のような意味なのです。

    私は、初めて立候補した時に、「心の中にやましいことがあると、必ず顔に現れるから、私の顔が変わり始めたら注意して欲しい!」と、応援してくれる方々に約束しました。人は歳を取ればそれなりに外観は変わりますが、表情は、心の中を反映する鏡なので、やましいことがあれば、それが表情に必ず現れるということです。

    ポスターや公選はがきは、最初の立候補の時から同じ会社に作成を依頼しています。市民派系の議員の印刷物を主に手掛けている会社で、全国フェミニスト議員連盟の機関紙「アファー」もここにお願いしています。なので、アファーに寄稿したりする私の文書なども読んでいるため、私の考えもよく理解しているので、安心してお願いできます。

    ポスターや公選はがきは、明日、我が家に到着する予定です。