えみこ日記

「良いものは良い!」とのスタンスで判断して欲しい

2017.08.10 Thursday

0
    B3cFCn5CQAAP1Twsutekka-.jpg
    選挙が近くなると、各議員の思惑が錯綜します。

    会派を構成している議員も、選挙の時には、お互いに敵味方になり、相手候補よりも一票でも多く欲しいというのが本音でしょう。

    最大会派の某議員は、「○○さんは、本当に立候補するのでしょうか?」と、知人に聞いてきたそうです。某会派の中の人にもわからないことが、部外者に分かるとも思えませんが・・・

    さて、「市議会議員に立候補できる条件はどんなもの?」という問い合わせがありました。

    ・満25歳以上の日本国民
    ・3カ月以上、立候補する市内に住んでいること

    基本的に、これら2つの条件をクリアできれば、誰でも立候補できます。

    「3カ月以上、立候補する市内に住んでいること」は、単に住所があるだけでなく、そこでの生活実態がなければ、仮に当選しても、失職しているケースが多々あります。

     9月3日の市議会議員選挙に立候補するには、少なくとも6月2日(3日は土曜日なので)までに八潮市に転入届けを出していなければなりません。

     明日と言ってもすでに今日で、7月決算議会が閉会します。今回は決算議会なので一般会計・特別会計の決算認定が主な議案です。市長提案の議案の賛否が終わった後に、議員提出議案(意見書)が3件提案される予定です。

     私も「主権者の政治参加を促進するため、国政・地方選挙における高額な供託金制度の見直しを求める意見書」(案)を提案する予定です。誰でも立候補できる環境整備には、まず世界一高い日本の供託金制度の見直しが必要です。

     提出者が云々…等と言わず、中味を見て判断して欲しいのですが、どうなるでしょうか。