えみこ日記

つくばエックスプレスに試乗して

2005.07.28 Thursday

0
    びっくり電車 8月24日のつくばエクスプレス開業を前に、27日、県、市の関係者らの試乗会が行われました。
     三郷中央駅から終点秋葉原まで、秋葉原では4分間停車し、再び三郷中央駅まで戻ってきました。時間にして往復40分、快適なひとときを過ごしました。座席は十分確保されていましたが、まるで初めて電車に乗った子どものように、ずっと立ったまま、車窓から見える景色に魅入ってしまいました。
     車窓から見たわがまち八潮市でしたが、住宅が密集していること、あちこちに見える見苦しい産廃や残土の山に、住環境整備の立ち遅れを感じました。
     しかし、つくばエクスプレスのマスコットキャラクターの「スピーフィー」に象徴されるように、その速さには驚嘆しました。
     上田知事も挨拶の中で触れていましたが、一挙に陸の孤島から開放され、都心から20キロ圏内に位置する八潮市を再認識しました。
     この鉄道の開業は、通勤・通学者にとって格段に便利になることは間違いありませんが、商業関係者にはかなり大きな影響が出るのではないかと危惧しています。
     今でも進んでいる商店街の空洞化を防ぐために、商工会や行政、そしてわたし達議員が知恵を出し合って、手を打つ必要があると思いました。
     高齢化時代には歩いて行ける地域の商店街は、確実に必要なのですから。
     わずかな時間でしたが、いろいろなことを感じさせられた試乗会でした。