えみこ日記

朗読劇「火垂の墓」に感動しました

2005.07.26 Tuesday

0
     7月24日、市民自主上映グループによる朗読劇「火垂(ほたる)の墓」を見ました。毎年、平和について考える一環として、市民により自主上演されているものです。
     同名の野坂昭如原作のアニメーション映画は、子ども達と何度か見ていますが、朗読劇は初めてでした。自主上演グループの一人は、「よく知られた内容で、その印象が人々の心に残っているので、演じる側としてはかえって難しい」と言っていましたが、案ずるより何とかで、OHPの映像と朗読が見事に溶け合っていて、会場にいた大勢の人が感動するすばらしいオリジナルな作品に仕上がっていました。
     今年は小学校の子ども達にもチラシを渡したということで、子ども達も大勢見に来ていました。アニメーションとはまた一味違った質の高い朗読劇を見て、子ども達も平和への思いを一段と深めたのではないでしょうか。
     来年はどんな作品を見せてくれるのか、今からとても楽しみにしています。