えみこ日記

若者よ、投票に行こう!

2019.07.18 Thursday

0
    いよいよ今週末は参議院選挙の投開票日。気になるのは投票率で、とりわけ自分の住んでる八潮市の投票率が、毎回、県内でも極めて低いため、気をもんでいます。

    今朝の読売新聞によれば、前回の2016年の参議院選よりも、全国で858ヵ所の投票所が減るそうです。その上、職員数の減や高齢化で選挙の立会人確保が難しいなどの理由で、投票終了時間を繰り上げる投票所も全体の35%もあるそうです。



    私の周りでも高齢化によって、今まで投票に行っていた方が、投票所まで行かれなくなり投票を断念するケースも増えており、加えて若者の投票率も伸びない為、投票率は下がる傾向にあります。

    若者が投票にいかない理由について、取材や民間調査によれば、「政治に関心がない」「時間がない」などの理由のほか、「高齢者向けの政策ばかりで政治が若者に目を向けていない」「行きやすい投票システムに変えて」という声が聞こえる。低投票率の背景には政治が若者の方を向かず遠い存在になっているとの報告があります。

    しかし、若者世代の投票率が1%下がると、若者は1人当たり年間13万5000円損しているとの試算(東北大調査)もあります。100%自分の考えと同じ候補者はいないとしても、各政党の公約を比べ、少しでも若者向けの政策を訴えている候補者がいれば、その方に投票するのも良いでしょう。

    とにかく、まずは投票に行きましょう!棄権はすべてお任せということにつながりますから・・・。

    明日は夕張メロンコンサート本番

    2019.07.14 Sunday

    0


      全国唯一の財政再生団体の北海道夕張市は、今年5月末現在の住民基本台帳登録人口が7998人となり、初めて8000人を割り、人口規模はピークの昭和35年4月末の11万6908人から約15分の1となったと報道がありました。

      人口に占める65歳以上の割合を示す高齢化率は50・83%と、全国の市区で最も高いそうで、一方、外国人の社会増加率も76・92%で最高となっているそうです。

      その夕張市へ、末娘がこの連休に出かけていきました。目的は、日本全国のアマチュア奏者が夕張に集まる「夕張メロンオーケストラ2019」の演奏合宿に参加するためです。

      「夕張メロンオーケストラ」は、平成18年、東京在住の音楽家菊地俊一の「夕張メロンを食べながらオーケストラで遊ぼう」という呼びかけで、日本全国のアマチュア奏者が夕張に集まり第1回のオーケストラ合宿が行われ、以来毎年開催されているようです。

      夕張市民にオーケストラの生演奏を聴いてもらうという想いが、夕張応援企画に変身し、全国ブランドである夕張メロンの魅力で参加者を募集することから、夕張メロンの宣伝にも貢献できるようになって来たとか。

      参加者は交通費や宿泊費を自己負担して、メロンと音楽を楽しむために集まって来るようです。我が家の娘も、高級メロンの「夕張メロン」が食べ放題みたい、と楽しみに重い楽器を背負って出かけていきました。

      このコンサートは入場無料となっていて、当日、来れないなー。って方には練習を公開しているようです。
      お近くの方は、ぜひ聴きに行ってみてください。

      明日は国東市を視察、その後熊本へ

      2019.07.04 Thursday

      0
        明日から3日間出かけます。
        明日は8時に羽田を出発し大分県国東市へ。大分空港から車で10分程度の農産物販売加工事業「ぐらんま」へ。農産物販売・加工事業「ぐらんま」の代表は藤原真由美さんで元国東市職員です。まちおこしや女性の働く場の創設などを目的に始めたとか。ぐらんまの名前の通り、国東市に伝わる伝統的なおばあちゃんの味が売りのようです。

        藤原さんは今年の統一選で、大分県議会議員に立候補するも惜敗。ちなみに大分県議会は定数43人に対して女性議員はたった2人です。

        ぐらんまでランチをとりながら、女性のエンパワメントや女性議員増について交流。国東市議会には女性議員はたった一人。その後、国東市役所へ移動し、「資金運用、資金調達と資金取扱い不正防の改善」などについて視察します。事前に国東市から膨大な資料が送られてきており、それを読んで行かなくてはならない為、ちょっと大変です。説明だけでも2時間半はかかると言われており、国東市の担当職員の熱意が伝わってきます。

        その後、夜遅くに熊本入り。多分22時くらいになるのではないかと思います。
        翌日は、午前中にくまもと県民交流センターパレアの一角にある「熊本県女性センターならんで」を視察後、パレアで6,7日と開催される「全国フェミニスト議員連盟サマーセミナーin熊本」に参加します。

        サマーセミナー終了後、現地での様子を見て可能であれば益城町視察 益城町東無田川復興実行委員会スタディツアー「震災と復興の現状、集落の見学と座学」に参加しようかと考えています。

        盛り沢山の内容で、結構強行軍なので、体調管理に気を付けたいと思っています。ちなみに天気予報では3日間雨で、お天気が心配されましたが、現地からのメールでは何とか大丈夫そうとのことで、安心しています。

        明朝は早く出るため、早めに休むようにします。