えみこ日記

今日は、草加市保健センターに視察に行きます

2019.10.23 Wednesday

0
     9月議会で「子どもの弱視の早期発見」というテーマで一般質問を行った。子どもの遠視や近視など目の屈折異常を早期に見つけ、早期に治療すれば、1.0の視力を保持することが出来る。
    子どもの目の機能は生まれてから発達を続け、六歳までにほぼ完成するため、早期発見早期治療がとても大事ということです。

     この屈折検査を簡単に行える「スポットビジョンスクリーナー」という携帯型機器を導入し、一分足らずで屈折異常や斜視を発見すべきでは?」と質問した。答弁では「スポットビジョンスクリーナーの屈折機器の効果は承知しているが、高価なこと(一台120万円)や人員確保に課題があるとして調査研究」であった。

     既に県内でも幸手市や和光市が導入して効果を上げていると聞いているが、何とお隣の草加市でも今年度から導入していると聞き、視察に行くことにしました。草加市の導入のきっかけは、議員の一般質問と伺っていたので、会議録を探して読んでみた。

     たまたまその質問をした議員とは、東埼玉資源環境組合で一緒だったので、スポットビジョンスクリーナーについて話を伺ってみたら、「一度、視察に来るといいですよ」とのアドバイスをいただいたので、早速、事務局に手続きをお願いして、本日午後から視察となりました。

     子どもの弱視は100人に2人の割合だというから、かなり高い比率です。

     8月8日の高知新聞には、「今春導入した高知市では、4〜6月に行った3歳児健診を経て治療が必要と判断された計14人のうち、半分以上の9人は従来の検査では弱視の可能性を把握することができなかったと発表しており、市は『弱視の早期発見に効果がある』とし、保護者らに3歳児健診の重要性を呼び掛けている。」という記事もあった。

     八潮市が導入に際して課題と挙げていた項目について、しっかり調査して来ようと思っています。

    ようやく公開された八潮市災害時廃棄物処理計画

    2019.10.12 Saturday

    0


      超大型の台風19号の被害が大きくならないことを願っています。

      昨日、市のHPを見たら八潮市災害時廃棄物処理計画が掲載されていた。日付は9月30日となっていた。ちなみに越谷市、草加市、三郷市、吉川市のHPにはまだ掲載されていなかった。

      実は、この災害時廃棄物処理計画は市町村が作成するものですが、八潮市はごみの処理を5市1町で処理している為、個々の自治体が計画を策定すると整合性に不備が生じるとして、組合が一括契約で(費用も組合負担)で、平成29年度に一括契約しています。委託先は、日本環境衛生センターに委託(委託料は1,129万6,041円)

      私は台風15号の被害に遭った市町で、災害廃棄物の処理がなかなか進まないというニュースやそもそも計画を策定している自治体は全国でもまだ27%位というニュースを見ました。

      私は、昨年の組合議会の決算委員会で、八潮市を含む5市1町で計画を作成したことを思い出し、どんな計画なのか調べてみようと、ネットで検索してみても出てこない為、市の担当課に聞いてみた。

      すると担当課は「窓口に来ればみせます」と言った。ええー今時、いちいち窓口に行かずとも、市のHPに掲載すれば、それで事足るのではないかと、「なぜネットに載せないのか「?」と尋ねたら、電子データをもらっていないとの回答だった。私は電子データを取り寄せて、ネットで公開すべきですと提案し、計画の冊子を1冊いただいてきた。

      念のため、5市1町のHPを見たら、松伏町が概要版として1Pを掲載していたが、その他の自治体では掲載していなかった。
      そこで、組合議会が10月3日に開催されるので、一般質問でこの問題を取り上げた。質問の通告は9月27日正午まで。

       災害廃棄物処理計画について
      組合では2018年度に、日本環境衛生センターに委託(委託料は1,129万6,041円)し、災害廃棄物処理計画策定を行った。以下3点について伺う。

      ,海侶弉茲蓮⊂症町HP(1ぺージの概要版のみ)を除いて、他の自治体では全く公開されていない。委託先から電子データをもらい、各自治体に配布し、公開すべきではないか。

      台風15号の影響で千葉県内は甚大な被害を被り、特に広範囲での停電の復旧に時間を要している。組合の各施設の非常用電源の現況はどのようになっているか。

      災害時、その復旧過程で廃棄物処理の中核を担うのは組合ですが、組合が策定した八潮市災害廃棄物処理計画(p23)には、「施設が被災した場合の補修・復旧を迅速に進めるため、施設の早期復旧、継続を可能にするための事業継続計画(BCP)の作成を検討する」とありますが、現在の検討状況について伺う。

      ,砲弔い討蓮公開するかどうかは市町の判断で、組合としては強要する問題ではない。電子データは配布しており、紙の冊子も市の要望を聞いて配布した。八潮市の場合は、担当課から30冊と言われたので、30冊配布した。市の担当課は、この冊数も当初は20冊と私に説明していたが、その後訂正。

      △砲弔い討蓮∩塙腓任呂瓦濬萢の際に発電もしている為、その電力を使えばごみ処理は可能。

      8帖垢了楡澆虜匈音の対応は作成しているが、組合全体の事業継続計画(BCP)は、まだ作成していない。現在検討中。いつ頃までに作成するのか聞いても、答えなかった。

      組合議会には、各市町の首長が理事として議会に出席している。この私の質問を聞いて自分のところはどうなっているのか、調べないのだろうか?

      年々、災害が増えており、災害時の廃棄物処理は時間もかかり、市民の生活にも大きな影響を及ぼすもの。いくら計画を作っても市民に公開しなければ分からない。

      ちなみにネットで「災害時廃棄物処理計画」と検索すれば、さいたま市、上尾市、加須市、久喜市等などの計画がネットで見られるようになっています。

      いずれにしても、紆余曲折はあったものの、9月30日付で八潮市の計画は公開された。しっかり読んで頭に入れておきましょう!

      すごく混んでいる高齢者講習

      2019.10.10 Thursday

      0
        運転免許の更新前に、更新期間が満了する日における年齢が70歳以上の場合は高齢者講習を受けなければなりません。

        私にも、更新6か月前にはがきが届いたので、混んでいると聞いていたので、すぐに教習所に連絡をして予約したが、数か月先にやっと予約ができた。それが明日です。

        高齢者の免許返納が増えているとは聞くが、八潮を含む東南部はまだまだ不便だから、まだ運転する高齢者は沢山いるのでしょう。かくいう私も、車なしでは、市役所へ行くことも近隣市に行くこともできないし、仕事ができない。

        ところが、その講習日に特別委員会開催という通知が届いた。何とか講習日を変更できないか…と、いくつかの教習所に問い合わせをしたが、何と最短で来年3月だそうです。これでは免許の更新期間を過ぎてしまう!

        結局、委員会は欠席することにして、事務局に届けました。更に、担当課にもこれこれの事情で休むので、後日、疑問点などお聞きするかもしれないと伝えておきました。

        それにしても11日でよかった!これが12日か13日だったら、超大型の台風19号の影響で講習が受けられないかもしれないから、その意味ではラッキーなのかも。

        届いたはがきによれば、双方向型講義とビデオによる座学30分,検査器を使って行う運転適性の指導30分、コース内の運転指導1時間、締めて2時間の講習のようです。

        ちなみに75歳以上の場合は、認知機能の検査と高齢者講習の両方が義務付けられているそうです。あと何年運転できるか分からないけど、とりあえず明日はしっかり講習を受けて、免許更新に備えます。