えみこ日記

明日は山梨学院大学へ

2018.08.10 Friday

0
    明日は、山梨学院大学で開催される「ローカル・ガバナンス学会第30回研究会」に参加するため、朝早く出かけるから…と家族に伝えると、「山梨学院大学って、大学駅伝で有名なあの大学?何で」と返ってきた。確かに、一般の人に取っては、スポーツで有名な大学というイメージが大きいかもしれませんね。

    連日猛暑が続く中、甲府盆地の山梨学院大学のある酒折だって、暑いに決まっています。今年の夏は格段に暑い日が続いており、体力が消耗して疲れやすいのですが、それでもぜひ聴いてみたい気持ちが先行して、行くことに決めました。

    内容は以下の通りです。

    内部統制・監査制度等の改革と住民自治 ―2017 年地方自治法改正を素材に―

    2017年地方自治法改正を住民自治の推進という視点から考えたい。自治法の一部改正は、ガバナンスの強化という視点からの改革である。同時に、アングルをかえて読むと、住民参加や議会の拡充にも活用できる。改正によってどのような活用が可能か、その際の留意点、つまり課題も併せて示したい。

    とくに、内部統制に関する方針の意義、監査制度の充実強化について考えることになる。監査制度改革では、監査基準策定、監査専門委員設置などのほか、議会選出監査委員の選択制という大きな転換もある。すでに、大阪府、大津市、大府市では議選監査委員を廃止した。これを機に監査委員と議会、そして住民との関係を探る。議会の監視機能をどう高めるかが重要なポイントとなる。現場の議員・事務局職員など「現場からの」充実論を提起する。

    <2017 年自治法等改正の重要項目>*内部統制に関する方針の策定等、監査制度の充実強化、決算不認定の場合における地方公共団体の長から議会への報告規定の整備、地方公共団体の長等の損害賠償責任の見直し等(以上自治法改正項目)
    *地方独立行政法人の業務への市町村の申請等関係事務の処理業務の追加、地方独立行政法人における適正な業務の確保(以上地方独法改正項目)

    基調講演

    内部統制・監査制度等の改革と住民自治
    <講師>幸田雅治(神奈川大学法学部教授、弁護士、元総務省行政課長)
    パネルディスカッション

    監査委員制度改革と議会・住民自治
    <パネリスト>幸田雅治 (神奈川大学法学部教授、弁護士)
    桑畠健也 (所沢市議会議員、監査委員経験者)
    小林華弥子(前由布市議会議員、監査委員経験者)
    清水克士 (大津市議会局次長)

    <コメンテーター>廣瀬克哉 (法政大学副学長)
    <コーディネーター>江藤俊昭 (山梨学院大学大学院・法学部教授)

    議会改革などに関心のある人なら、このメンバーをみたら、絶対聴きに行きたいとなるのではないでしょうか。

    しっかりと勉強してきます。

    8月30日、31日は国立女性会館(ヌエック)へ

    2018.08.10 Friday

    0
      キャプチャnuekku.PNG

      クオータ制を推進する会(Qの会)では、今年5月に候補者男女均等法(政治分野における男女共同参画を推進する法律)が成立したことを受けて、今年の夏のヌエックの男女共同参画推進フォーラムワークショップでは「政治は私たちの生活そのもの、”女性を議会へ”」を30日15時半から開催します。

      お時間のある方は、ちょっと遠いのですが、ぜひおいで下さい。私も現職議員の立場から5分程度発言する予定です。

      また、翌日31日の10時からは、私も所属している全国フェミニスト議員連盟のワークショップもあるため、30日は国立女性教育会館に泊まることになっています。

      国立女性教育会館は嵐山町にあり、贅沢なほど緑豊かな広大な敷地の中にあります。例年はもう少し早い日程で開催されていましたが、、今年の特別講演者の国谷裕子さんのご都合がつかず、月末になってしまったようです。お忙しい方ですから、仕方ありません。お話を直に聞けるだけでもラッキーです。ちなみに国谷さんの講演時間は、31日13時30分から15時までです。

      宿泊は有料ですが、特別講演は無料、ワークショップは資料代500円です。参加してみませんか!

      このヌエックでのワークショップが終わると、直ぐに9月決算議会が9月3日から始まります。


      緊急院内集会

      2018.08.08 Wednesday

      0

        沢山の方が集まるように、シェアします。

        8月10日午後5時より
        参議院議員会館101会議室


         東京医科大が入試の得点を操作し、女子受験者などの合格者数を
        抑えていたことが報道されました。この「事件」は、日本社会が
        とてつもない女性差別社会であり、男性を優遇する(下駄を履かす!)
        社会であることを、白日のもとにさらしました。
        教育の機会均等を定めた憲法違反でもあるし、教育基本法違反でも
        あるという犯罪的な行為です。

         私たちは、ここで、怒らなくては。ここで、この男性優遇の社会を
        変えなければ。これから社会に出ようとする後輩たちのためにも。
        今、この社会で呻吟する人たちのためにも。

         「女性は辞めるから、少なく採用する」。
        こんな「必要悪」が横行する社会にはもう我慢できない。
        妊娠や出産で仕事を辞めざるを得ない社会が変わるべき!
        長時間の過重労働を許さない仕組みが必要です!

         こうした思いで、緊急院内集会を開催することとしました。
        この事件に怒るたくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。
        超党派国会議員の皆さんも発言されます。
        文部科学省など省庁の担当者の方もお呼びして、
        私たちの率直な思いを聞いていただきたいと思っています。
        女性差別のない社会に向けた法制度整備を強く求めていきましょう。

        主催:東京医科大学入試女性差別に抗議する緊急院内集会実行委員会
        連絡先:kuramoto@projctjapanwomen.net